芸能

ヤンキー時代のケガ?佐々木希、「美しすぎる顔」についている“謎の傷痕”

20150303sasaki

 2月末公開の映画「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」で永作博美とのダブル主演を果たすなど、女優として引く手あまたの佐々木希(27)。

 05年に地元・秋田県のショップで働いていたところをスカウトされ、グラビアアイドルとして芸能活動をスタートをさせた。先日出演した「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で佐々木本人が「奇跡に近い」と語るほど、デビューから現在に至る出世ぶりはめざましい。

 アメリカの情報サイトが発表する「最も美しい顔100人」にも選出され、いまや女優、タレントとして芸能界に欠かせない存在となった佐々木だが、テレビ関係者の間では、彼女の顔の「ある部分」が注目を浴びているという。

「テレビに出演するたび、『右目の下の傷』がどうなっているのかと話題になっていますね。写真集や広告写真では画像が加工されて消されていますが、ドラマやバラエティに出演した際の彼女を注視してみると、右目の下にハッキリと傷が見えるんですよ。それが憶測を呼んでいます。秋田の元ヤンと根強く噂されている彼女だけに、『ヤンキー時代のケガではないか』、あるいは交際が囁かれた『嵐の二宮和也に殴られた痕だろう』などと、みんな無責任な想像を膨らませていますが、いまだ真実は判明していません」

 彼女にとっては迷惑千万な「美しすぎる顔」ゆえの災難であった。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点