芸能

山下智久の「アルジャーノン」が酷評の嵐であの俳優が再評価!?

20150420yamashita

 山下智久主演の「アルジャーノンに花束を」(TBS系)が今月10日からスタートしている。しかし放送終了後、ネットでは「演技が酷すぎる」「台詞に抑揚がなく、何も伝わってこない」など厳しいコメントが殺到した。山下は10代の頃からその端正な顔立ちでファンを魅了し、ドラマ・映画と活躍してきたが、彼に浴びせられる批判についてあるテレビ雑誌記者は語る。

「山下は演技の際、表情のバリエーションが乏しいのが弱点です。ドラマ『クロサギ』(TBS系)のような、クールで陰のある役柄ならば誤魔化せましたが、個性的な演技が必要とされる作品ではその振り幅に限界が見えてしまう。新境地を予感させた『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)でも、結局『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)での窪塚洋介の演技をそのまま模倣したかのような言動で、一部視聴者からは批判された過去もあります」

 そして今回の「アルジャーノンに花束を」に対する辛辣なコメントの中でも、特に多いのが2002年にフジテレビ系で放送されていた過去作と比べ「演技、作品共にユースケ・サンタマリア版の方がよかった」という声だ。

「2015年版の放送によって、ユースケ主演の旧作評価が高まっていますが、山下を叩くための材料として使っている人も多い。ユースケ版は当時、2話目にして視聴率が1ケタに落ち込み、演技もそれほど絶賛されているというわけではなかった。13年も前のドラマですから、今は視聴者の頭の中で美化されているのかもしれません。とはいえ、これだけユースケに絶賛の声が集まれば今後、彼の主演ドラマの企画が持ち上がる可能性もある。ユースケはここ数年ドラマで主演はしていませんから、もし決まれば彼が山下に感謝することになるのでは(笑)」(前出・テレビ誌記者)

 まさか山下のおかげで演技が再評価されるとは、ユースケ本人も想像していなかった!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?