芸能

「クローズアップ現代」改編報道で気になる“NHK美女アナ”トップは誰?「“NHKのカトパン”の異名を持つ鎌倉千秋の魅力」

20151126s

 今年1月、ニュース番組「NEWS WEB」の本番中に、清楚なおすまし顔のまま、その日のテーマであった性にまつわる関連用語を連発して視聴者を騒然とさせたのは、鎌倉千秋アナ(36)。その度胸が買われてか、忙しい日々を送っているようだ。

「レギュラー番組は『NEWS WEB』1本ですが、特番やBSなどのイレギュラーな番組出演が多い。知識豊富で、頭の回転が速いため、プロデューサーが声をかけやすいようです。最近では、あまりの多忙さゆえ、局内では、『NHKのカトパン』と言われているほど」(NHK職員)

 女子アナ評論家の丸山大次郎氏も賛辞を惜しまない。

「今年のNHKアナの中でイチバン攻めた衣装を着ていました。スカートからのぞく美脚はタマらないものがあり、スラッとした脚線美はみごと、のひと言に尽きます。カメラのアングルもわざと下の方を狙っているのかと、こちらが心配してしまうほど。今後も番組とスカートの丈の長さから目が離せません」

 鈴木アナの後釜として、今年3月末に報道番組「おはよう日本」を引き継いだのは、「わくまゆ」こと和久田麻由子アナ(26)である。11月2日には、平均視聴率14.2%を記録するなど、番組を担当してから好調をキープ。それでも本人は不安げな日々を送っているようだ。制作スタッフが素顔について明かした。

「真面目な性格で、放送時間ギリギリまでプロデューサーに進行を確認しています。スタジオでは緊張から足が震えてしまうようで、先輩の有働由美子アナ(46)に『肩の力を抜いてリラックスしなさい』とアドバイスを受けています。前任の鈴木アナと比較されるのを気にして、番組に送られてきた投書やインターネットの掲示板を見て、批判が書かれていると落ち込んでしまうそうです。それなのに、見るのをやめられなくて悩んでいました」

 4月から再スタートしたタモリ(70)のレギュラー番組「ブラタモリ」のアシスタントに抜擢され、ブレイク中の桑子真帆アナ(28)も、「夜の顔」候補に急浮上した。10月31日に放送された富士山登頂の回では、番組最高の14.7%を叩き出している。

「軽妙な会話のやり取り、臆することなくツッコミを入れるので、珍しくタモリさんがベタぼめしていました」(芸能プロ関係者)

 大物芸能人のお墨付きで、早くも複数の芸能事務所の間ではフリー転向の噂と獲得を望む声が出ているという。それが局内でも広まったことで、「私はNHKに残ります」と上司に宣言したそうだ。さらに現状の人気についてこう漏らしていた。

「“アイドルアナ”は局内で嫌われる傾向にあり、肩身の狭い思いをすることも。そんな先輩アナを見てきているので、本人は周囲に『人気が出てほしくない』と嘆いていました」(前出・NHK職員)

 先の制作スタッフは、こんな一面も教えてくれた。

「彼女はすごくカタい子として局内では通っていますが、学生時代には男性とホテルに入るところを同じ大学の学生に目撃されるなど、ユルイ面もある。そんな隙があるところも魅力ですよ」

 脇の甘さから写真誌にスキャンダルを撮られ、「夜の顔争い」から脱落しなければいいのだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白