特集

松居一代がかすんで見える?キレたら怖い芸能界一の鬼嫁は!?

Sponsored

 松居一代(60)による一連の「暴露工作」によって、船越英一郎(57)が大きなダメージをこうむったのは記憶に新しい。

「俳優は何よりもイメージが大切な商売ですからね。バイアグラの使用歴やヅラ疑惑までバラされてしまったから船越の所属事務所はカンカンです。訴訟問題に発展するのは時間の問題だと言われています」(芸能リポーター)

 船越と松居は06年に理想の夫婦として「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しているが、過去に「理想の夫婦」と呼ばれた2人がドロドロの離婚修羅を迎えるケースは珍しくない。

 愛情あふれるサッカー解説で再ブレイク中の小柳ルミ子(65)もその一人だ。

 89年に電撃結婚した大澄賢也(51)との夫婦生活は約12年で破綻を迎えた。スポーツ紙デスクが振り返る。

「原因は大澄の女遊びでした。『かわいさ余って憎さ100倍』の言葉どおり、小柳は『けじめをつけろ!』と、『慰謝料1億円か、無名のバックダンサーに戻るか』という、究極の2択を迫ったと伝えられました。大澄は沈黙を貫いているため、慰謝料の額についても真偽は不明です」

 先日、「自己破産」が伝えられたタレントの泰葉(56)と春風亭小朝(62)の離婚劇も見る側を凍りつかせた。ワイドショーデスクが話す。

「84年に結婚した2人は、07年11月に離婚しました。その離婚会見の場には、円満であることを強調するかのように、金屏風が飾りつけられていました」

 ところがその後、泰葉が“ヤバい妻”に豹変する。ブログを開設するや、「金髪ブタ野郎!」と、小朝をののしり始めたのだ。

「小朝も黙っていられなかったのか、のちに自身の不貞疑惑が報じられると、『遠くから石を投げられているようだ』と、元妻のリークであるかのような発言をしました」(前出・デスク)

 8月22日発売の「週刊アサヒ芸能」では、こうした「激ヤバ妻」を総ざらいするとともに、有名美女の知られざる“鬼嫁素顔”も緊急公開。テレビではけっして見せない本当の夫婦生活を覗いてみては?

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!