芸能

友近、宮迫博之の不貞騒動で悲願の紅白出場が絶望の「大トバッチリ」!

 宮迫博之の不貞騒動が思わぬ波紋を広げている。とばっちりを受けたのは、お笑い芸人の友近。芸能ライターが解説する。

「友近はお笑いピン芸人とは別に、水谷千重子というキャラで演歌歌手として歌手活動を展開しています。そして川中美幸と組んだのを皮切りに、2015年には山内惠介、田原俊彦らとそれぞれデュエット曲を発売しましたが、紅白への出場はかなわず、かろうじて昨年末にアンガールズらと応援出場しただけに終わっています」

 ところが、今年になって、6月に宮迫博之扮する元祖オネエ演歌歌手・春澪(しゅんれい)とのデュエット曲をリリース全国コンサートツアーを展開し、ふたたび、大々的に宣伝を続け、紅白出場をぶち上げるなど歌手活動に力を注いでいたのだ。

「宮迫の歌のうまさは折り紙付き。16年前に山口智充とフォークデュオ『くず』を結成し、『ムーンライト』などヒット曲を連発した実績があります。そんな宮迫と組めば、友近にとっては鬼に金棒で、かなり勝算があったんです。周囲も大いに期待していたところに、不貞騒動で宮迫はCM降板、活動自粛の声が上がっています。今度こそ紅白という思いを抱いていた友近の心中はかなり複雑なようです」(前出・芸能ライター)

 友近と宮迫、すなわち水谷千重子と春澪の2人には、8月25日の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の2時間スペシャルにそろって出演して、大御所・桑田佳祐やAKB48らと肩を並べるという晴れ舞台も用意された。また、スペシャルジョイント企画と銘打ち、振り付けコンテスト開催も決まっていた。2人の歌う「抱いてフラ・フラ」を覚え、ダンス付きの動画を投稿してもらい、みごと優勝したチームは2人のバックダンサーとしてテレビ出演、運動会、学園祭、結婚式、忘年会などに出演するという企画だった。

「大がかりな仕掛けを考えていたが、尻すぼみは確実。春澪は宮迫とは別人格、全くの別キャラで押し通すしかないが、世間はそれで納得するかどうか。ましてやスキャンダルはご法度のNHKがOKを出すとも思えませんしねえ」(スポーツ紙記者)

 友近悲願の紅白出場は今年も夢と消えそうだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
4
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
5
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!