社会

入浴は疲労を倍増させるってホント?

 休みには温泉にゆっくり入って疲れをとりたい。多くの人が望んでいることだが、これが実は体に悪いという。

 新刊「なぜあなたの疲れはとれないのか? -最新の疲労医学でわかるすっきり習慣36-」(梶本修身著・ダイヤモンド社)が話題になっている。著者の梶本修身氏は大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授で、以前から“疲労”に関する多くの書を著している疲労医学の第一人者だ。

 梶本教授によれば、私たちが常日頃、疲労回復に良かれと思って行っている方法が間違いだらけで、そのために疲れているのだという。

 その代表格が入浴、それも特に温泉浴なのだという。これからが行楽のシーズン。温泉を予定している人は多いだろう。しかしこれが間違いなのだというから気になるではないか。梶本教授はこんなふうに論を展開している。

〈熱い風呂(43度以上)に肩までゆっくり入ることで体内では、体温、心拍、血圧などが大きく変化し、調整する自律神経に過大な負担がかかる。その結果、活性酸素が大量発生し、細胞が酸化し、疲労が起こり体をさらにボロボロにしてしまう〉

 他の実験では、入浴後の血液中に現われる疲労の目安である「疲労因子」を測定したら数値は上昇していたという。

〈温泉に行って熱いお風呂に何回も入ることは自律神経の自主トレをやっているのと同じ。疲れを癒やす効果はまったくないうえ自律神経は鍛える意味もない。熱い温泉に何度も入りよく眠れた、というのは、疲れがとれたからではなくて、より疲れて寝込んでしまったから〉(梶本教授)

 梶本教授の説によれば、温泉浴はひどい言われようだが、東洋医学を研究している三上藤雄整体師もこう言う。

「温泉で体調を悪くすることが多いのは湯あたりということもありますが、体温以上の湯に長く入ることにもあります。体温以上の湯に入ると、最初湯が熱く感じる。それが少し時間がたつと身体がお湯の熱を奪うので適温に感じてくる。さらに時間がたつと、ぬるく感じてくる。それは、皮膚が“開いて”身体の熱が奪われるためなんです。そうなると体の機能は低下してくる。そして体質が東洋医学でいう『虚』である人は、風呂に入るとその疲労はさらに大きくなります。現代は虚の人が増えている。体を使わない頭脳労働が多くなったからだと思う。熱い湯での長湯は厳禁です」

 ただし入浴が悪いとわけではない。梶本教授によれば、正しい入浴方法をすれば疲労回復が期待できるという。

〈40℃ぐらいのお湯に半身浴でつかること。これで血行がよくなるし、体温調節のためのエネルギー消費も少ない〉

 正しく入浴するのも意外と難しい!?

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」