芸能

深作欣二「蒲田行進曲」素人、平田満への気遣い

〈大部屋なんて、いったん入ったら性根が腐ってしまうんだって〉

 映画「蒲田行進曲」(松竹)のメイク女性のセリフである。その性根が腐ってしまいそうな「東映の大部屋」が物語の主軸であり、新参者の風間も平田もビクビクしながら東映・京都撮影所の古参スタッフと接し、2人で顔を合わせては「早く終わらせて帰ろう」と慰め合っていた。

 風間は監督としての深作と向き合うのは初めてだったが、意外な縁があった。

「子役をやっていた小学3年生の時に、1本だけ『断崖の少年』って東映の児童映画で主演をやって。これのチーフ助監督がサクさんで、それを伝えたら『あの時の坊主か!』って思い出してもらえたんです」

 児童映画では冬の寒い日に川べりのロケが続いた。風間少年が寒さに震えていると、深作が河原に置いたドラム缶の風呂に放り込んだという。

 それから20年以上が経っての本格的な演出だったが、深作は風間に「舞台のままにやってくれたらいい」と伝えた。深作らしく、ジッとしている姿より動きを撮ってやるとのサインだった。そのため風間は、舞台のように張りのある声を出し、録音技師たちを困らせている。

 さらに深作は平田に対しては、より気遣いを見せたという。

「風間さんは当時も映画にたくさん出ていたが、僕はこれが2本目の素人なんですよ。それもあって、細かいことを言ってもコイツのよさは出ないだろうと。監督は常に『いいんだ、いいんだ、舞台そのままで』と言ってくれました」

 深作は平田を役名のままに「ヤスさん」と呼んだ。シーンのたびに「ヤスさん、このセリフはどう言う?」と意見を求め、平田なりのプランを言うと「お、そうだよな」と基本的に同意してくれた。

 それだけではない。よく見れば深作は常にスタッフルームに出入りし、スタッフを誘って遅くまで酒を飲んだり麻雀をやったりしながら、また翌朝にはその日の撮影プランをこしらえている。いったい、いつ寝ているんだろうかと不思議に思うほどタフだった。

「大部屋の話だからたくさんの役者が出て、いろんな人に見せ場を作ってあげている。それは『仁義──』と同じで、それが深作さんのエネルギーになっていたと思います」

 風間は舞台と比べて、やはり映画は特有の世界なんだと随所に感じた。

〈キャデラックに乗るのに免許がいるのか!〉

 銀ちゃんの無鉄砲さを表すセリフだが、舞台では「ベンツ」であり、実際には車は登場しない。映画では王将のステッカーを貼り巡らせた豪華な車に格上げされている。

「つかさんのセリフの順序を入れ替えた箇所もあったけど、ある意味うなづけた。映画人があの舞台をみごとに映画化したんだなって思いましたね」

 そして風間が驚嘆したのは、クライマックスに用意された「階段落ち」のセットである。舞台版ではイメージシーンとして装置はないが、映画では39段もの大掛かりなセットが置かれていた‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
4
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
5
「四大陸選手権優勝」宇野昌磨、ファンをキュンキュンさせた「疲労困憊」画像!