芸能

「民衆の敵」想定外の低視聴率に「小池都知事のせいだ」関係者が恨み節!

 10月23日にスタートしたフジテレビ系の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」。

 篠原涼子が主演を務め、平凡な主婦から市議会議員を目指す「政治物」の同ドラマ。

 当初は同月16日に初回放送の予定だったが、衆院選の選挙期間だったため、急遽スタートを1週間延期したことで話題となった。

 現実でも小池都知事が「希望の党」を立ち上げ、女性政治家に大きな注目が集まり始まった作品だが、出だしは決して芳しいものではないようだ。

「ここまでの“低空スタート”になるとは考えてもいませんでした」と話すのはフジテレビ関係者。

 同ドラマの初回視聴率は9.0%。2回目はさらに下がって7.1%(いずれもビデオリサーチ調べ・関東)と、同局の月9ドラマとしては最低レベル。

「当初は『小池都知事の新党結成が、ドラマの人気を後押ししてくれる』といった楽観論もあったのですが、実際はまったく逆。いまや低空スタートを『小池都知事のせいだ』とまで、恨み節を漏らすスタッフもいるんです」

 どういった理屈なのか。

「『排除発言』などの影響で、選挙戦終盤になると、世間でも一気に小池都知事への熱が冷めていった。ドラマの主人公と重ね合わせられる小池都知事の不人気が低空スタートにつながった部分は少なからずあると思います」(前出・関係者)

 政界と同様、“小池だのみ”ではうまくいかないということのようだ。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相