芸能

森光子、でんぐり返しな「裏」放浪記

 女優・森光子が92歳でその生涯に幕を閉じた。晩年は舞台「放浪記」で国民栄誉賞まで受賞したが、それまでの道のりは決して平坦ではなかった。親交が深かったジャニーズの面々も知らなかったであろう波乱万丈の「裏放浪記」を、ゆかりの深い人たちの証言で振り返る─。

「本当に残念で寂しく思います。あんなに華奢でしたが、内側からにじみ出てくる強さは、自分の知る役者さんの中でも随一。いつも『舞台は戦場ですから』と話されていました」

 と語るのは、女優・浜木綿子(77)だ。浜といえば、11月10日に永眠した森光子が生涯を賭けて演じ続けた舞台「放浪記」の初演から、再々演まで共演した“戦友”だ。

 森は、東宝の取締役だった菊田一夫氏に見初められ、大阪から38歳で上京。ところが、すぐには女優として芽が出ず、41歳になってようやく抜擢されたのが、のちに森の代名詞となる「放浪記」だった。

 浜が当時を述懐する。

「初演当初、『この舞台も1、2回で終わりよね。でも、努力していれば、いつか報われる日が来る。誰がどこで見ているかわからないもの』と話されていました」

 だが、結果的に「放浪記」は通算2017回という、森にとってのライフワークとなった。

 白坂五郎役で長年、共演してきた米倉斉加年(78)も驚きを隠さない。

「この作品は、森さんが(体力のある)若い頃にできた作品ですから、セリフは多いし、衣装替えが何度もあります。しかし、森さんはいつでも小走りで軽やかでした。自分に厳しい方で、80歳を過ぎても開演5時間前には劇場に入られていました」

 しかし、「大女優」と呼ばれるようになってからも、森は決して威張るようなことはなく、後輩役者のよきアドバイザーとして、言葉をかけた。83年から11年間にわたって共演してきた大場久美子(52)も感銘を受けた一人だ。

「この作品に出させていただいた頃の私は、『背も低いし、声の質も舞台向きではない』とバッシングを受けていました。しかし、お母さん(森)は、『女優は身長ではなく存在感よ』『舞台の通る声は、大きい声じゃないんですよ』と励ましてくださいました」

 前出・米倉にも忘れられない言葉がある。

「07年の舞台『寝坊な豆腐屋』で、私がセリフを忘れてしまい、お詫びをした時のことです。森さんは『米倉さん、恐れてはいけませんよ。明日は必ず来ます。私は毎日忘れています』と励ましてくれました。私は70過ぎまでセリフを忘れたことはありませんでしたが、時間や老いは容赦なく役者を襲います。セリフは(頭に)入らなくなり、体も動かなくなる。役者はその恐怖と戦わなくてはならない。森さんはそんなことを微塵も感じさせないところがすごいのですが、裏には計り知れない努力があったと思います」

 晩年の森の舞台には、シルバー世代が数多く詰めかけた。その理由は、年齢を重ねても若々しい森の演技が、憧れの存在として投影されていたからに他ならない。

 が、芸能レポーターの石川敏男氏によれば、老いに対する思わぬ本音を口にすることがあったという。

「『放浪記』の舞台が通算2000回を達成する前年の08年のことです。私が森さんに『いよいよ2000回ですね』と聞くと、『石川さん、本当に2000回できると思ってらっしゃいます?』と聞き返され驚きました。世間は簡単に2000回と言うけれど、体力が落ち、気弱になっている自覚はあったはず。ちょうど、その年に最愛の実妹を亡くされ、相当ショックを受けていましたから。でも、それをはねのけ、みごとに期待に応える。それが森さんでした」

 常に女優としての矜持を持って現場に臨んでいた森の姿が浮かんでくる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
2
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」