スポーツ

プロ野球セ・パ「波乱のキーマン」地雷原ガイド(2)阪神・藤浪が金本監督と一触即発?

 球団史上初のリーグ3連覇を狙う広島は、昨年8月に右足首骨折で離脱した若き主砲・鈴木誠也(23)に不穏な影が忍び寄る。

「本人は日本シリーズで復活出場するつもりでしたが、結果はCS敗退。ベンチ裏で鬼のような形相でじっと押し黙り、親しい記者も声をかけられなかったそうです。一説には、日本一になったら交際女性に結婚を申し込む予定だったとか‥‥。そのせいか、オフのトレーニングは周りが止めるくらい驚異的な練習量でした。故障明けにいろいろ背負い込みすぎてオーバーワークにならないか心配しています」(広島番記者)

 さらには、こんな落とし穴もあるという。

緒方孝市監督(49)を支えてきた石井琢朗(47)、河田雄祐(50)両コーチがヤクルトに流出してしまった。正直、作戦面は高信二ヘッドコーチ(50)を加えた3人で支えてきました。野手を厳しく鍛えた石井コーチ、トリッキーな作戦を進言していた河田コーチの抜けた穴は大きいでしょう」(広島関係者)

 広島から主力コーチを引き抜いたヤクルトでは、同じく今季から加入した宮本慎也ヘッドコーチ(47)の存在が波乱を呼んでいる。

「解説者時代に『選手もコーチもユルい。あの球団体質では、永遠に優勝できない』と古巣を痛烈に批判した宮本コーチに対し球団は『二度と敷居をまたがせるな』とまで激怒。就任の目はないはずでしたが、あまりの低迷ぶりに手を借りざるをえなくなり、オファーを受けての入閣ですからね」(スポーツ紙デスク)

 宮本コーチは改革に向け鬼軍曹になる気満々。「仲よしのびのび野球」に慣れきった主力選手たちは、本格的なシゴキが待っている春季キャンプに向け戦々恐々としているという。

「大恩人」の星野仙一氏が1月4日に亡くなり、今季の優勝を手向けにと切望する阪神・金本知憲監督(49)は、藤浪晋太郎(23)と一触即発の状況だという。

「金本監督は闘志を前面に出さない藤浪に不満を抱いているんです。だから自身が取り入れ、現在は広島の新井貴浩(40)も行っている鹿児島・最福寺での護摩行(炎の前で全力で不動真言を唱える精神修行)をやらせて殻を破らせたいと考えていましたが拒否された。科学的トレーニングによる肉体改造に精通するダルビッシュ有に心酔し、自主トレにもついていく藤浪は、護摩行の誘いにまったく耳を貸さなかったのです」(在阪スポーツライター)

 価値観、野球観がはなはだしく相違しているのだ。エース候補と指揮官の溝が深まるばかりではキャンプ前から不安は尽きない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?