スポーツ

イチロー、マリナーズ復帰の裏で漏れてきたオリックスとの「破談」の真相!

 イチローが6年ぶりのマリナーズ復帰を果たした。

 今オフ、メジャーリーグの移籍市場は空前の冷え込みに見舞われ、その影響をモロに受けたイチローも去就が注目されていたものだ。

メジャーがダメなら、もう日本に戻ってプレーするしかないだろう。そう考え、水面下でイチローに猛アタックを仕掛けていたのが、日本の古巣・オリックスだった。実際、オリックスはイチローの代理人と極秘接触し、好感触を得ていたという。ところが、最後はアッサリと“破談”となってしまったようだ。イチローに近い球団関係者が明かす。

「イチローの当初の思惑が外れてしまったからですよ。もともとはオリックス、あるいは彼が生まれた地元の球団でもある中日などのNPB球団だけでなく、メジャーの球団からもオファーがあって、その中であえてオリックスを選ぶ、という流れなら古巣復帰はOKだった。複数のメジャーから好待遇のオファーを提示されながらも、2015年から古巣の広島へ復帰する道を選んだ黒田(博樹)氏のようにね」

 ところが、いくら市場が冷え込んでいるとはいっても、1つぐらいは舞い込むだろうとタカをくくっていたメジャー球団からのオファーが一向に来なかったことで、イチローの“計算”は大幅に狂ったようだ。

「メジャーのどこからも声がかからないから日本に戻るという選択肢は『ミジメの極地だ』とイチローは思い込んでいる。だから冷静に状況を見つめ直して『メジャーでプレーできないから日本で最後を飾るという生き方より、メジャーで引退するほうがステイタスの面を考えても全然いい』と考え、オリックス側に『NO』を突きつけたのです。オリックスの幹部はあと一歩のところでイチローにフラれ、ショックで今も放心状態になっているとか…」(前出・球団関係者)

 イチローはメジャーに残留したが、巨人に復帰する上原浩治、そして5年前には出戻っていた西岡剛も含め、週刊アサヒ芸能3月22日号で球春の騒動を詳報する。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化