芸能

唐沢寿明、メンタリストDaiGoを心理戦でフルボッコにして視聴者が快哉!

 清々しいほどの快勝ぶりに視聴者も見ていて、かなり気持ちよくなったようだ。

 唐沢寿明が3月22日放送のバラエティ番組「モニタリング」(TBS系)に出演。メンタリストのDaiGoと心理戦に挑み、みごと圧勝し、話題を集めている。DaiGoは、まず吉田鋼太郎と心理バトルを行い、危なげなく勝利。しかし、続いての唐沢との心理戦では苦杯を喫する結果となってしまった。

唐沢はDaiGoとの心理ゲームに挑む前には自信はないと言っておきながらも、「ババ抜き」と「トップ3当て」の2ゲームともDaiGoに心理を読まれることはなかったのだ。

 最初の「ババ抜き」では、DaiGoは序盤であっさりジョーカーのカードを引いてしまい、惨敗。DaiGo曰く、唐沢からは揺さぶっても何も読み取ることができなかったとのことで、次の心理ゲーム「トップ3当て」に入る前もDaiGoは「あ~帰りたい」と、珍しく弱音を吐いていた。案の定、弱気なDaiGoは次の「トップ3当て」でも一発目で予想を外してしまい、あのDaiGoをフルボッコにするという番組としては想定外の結末を迎えていた。このDaiGoがまったく心を読むことができなかったため、唐沢は「じゃあ唐沢“仏”寿明っていう名前に(改名しようかな)」と、ジョークを話していたが、そう話す顔も満面の笑みというよりはニュートラルないたって普通の表情だった。

 この結果に視聴者からは「唐沢さん、圧勝してて爆笑した」「DaiGoでも唐沢さんの心理を読めないのか」「勝負中も唐沢さん、全く動じていなくてビビった」「唐沢さん、ガチで仏だろ」など、まさかの結末に驚きの声が上がっていた。

「DaiGoが心理ゲームで負けることは今回が初めてではありませんが、ここまでDaiGoがキレイに完敗するのは初めてですね。DaiGoは顔の表情や目の瞬きの速さ、体の揺れなどで相手の心理を読むのですが、唐沢はDaiGoの揺さぶりにもいたって動じていませんでした。そのため、DaiGoは『何か新人類を見ているような。菩薩ですね』『これは無理ですね。相手が悪い』と話すなど、心がポッキリ折れていました」(エンタメ誌ライター)

 DaiGoにはぜひとも唐沢とのリベンジ戦にチャレンジしてほしいところだ。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」