スポーツ

天才テリー伊藤対談「里崎智也」(2)感性型と理論型に選手は分かれる?

テリー 続けてキャッチャーは、小林(誠司)で決まりですかね。では、ファーストは?

里崎 岡本(和真)と阿部(慎之助)の併用で。実は僕、岡本に期待しているんですよ。

テリー へェ、それはまたどうして?

里崎 バッティング練習を見たら、予想よりはるかによかったので。慎之助が左(打)ですから、あえて岡本が打てそうな左ピッチャーの時に使うとかね。恐らく、慎之助はシーズン通してできないと思うので、そうすれば休ませることもできるし、岡本の自信にもつながる。

テリー なるほど。で、セカンドは吉川(尚輝)ですかね。

里崎 筆頭はそうですね。3割とは言わずとも、吉川が打率2割7分、30盗塁ぐらいしてくれれば、今までのジャイアンツにない戦略が立てられますよね。これまでの高橋(由伸)監督は、選手の頑張りを待つしかなくて、編成的にやりたいことがあってもできる状況じゃなかったですから。俊足の吉川が入ってきたことによって盗塁もエンドランもできるし、いろんな場面での作戦が立てやすくなる。吉川の出来しだいで、ジャイアンツの野球が変わる可能性はあります。

テリー それは期待しちゃうな。で、ショートは坂本(勇人)、サードはマギーでいいですよね。外野は?

里崎 レフトはゲレーロですね。彼はもう実績十分ですから。ホームがナゴヤドームから東京ドームに変わりましたから、ホームランが増える可能性もありますしね。

テリー 増えますか! これは楽しみだ。では、センターは。

里崎 センター、ライトは陽(岱鋼)と長野(久義)のどっちかで守る感じでしょうね。そこに、亀井(善行)とか、若手の外野がどう出てくるか、というところです。

テリー でも、長野って波がありますよね。俺、入って3年ぐらいは「すごいバッターだ」と思っていましたけど、去年も夏場まで全然調子が出なかったから、そこまで期待できるのか、ちょっと心配ですけど。

里崎 長野は理論型じゃなくて、感性型かもしれないですね。試合にうまくハマれば強いけれども、ハマらなかった時の誤差を埋めるのに時間がかかってきているのかな、という印象はあります。

テリー 選手のタイプは、感性型と理論型に分かれるんですか?

里崎 そうですね。コーチが感性型で選手が理論型、コーチが理論型で選手が感性型だと、もう話がまったくかみ合わないので難しいんですよ。感性型のコーチは「こうやったらできる」という指導なんだけど、理論型の選手は、「こうやったら」の「こう」が何なのかの理屈を教えてほしいという(笑)。

テリー そりゃそうだよね(笑)。そうか、タイプで言えば、長嶋(茂雄)さんと王(貞治)さんみたいなものだ。

里崎 そう、松井(秀喜)さんも感性型。日本とニューヨークで、長嶋さんに電話越しに「振ってみろ」って言われて、「今のはダメ」「それ!」で通じるらしいですから。僕だったら、絶対に無理です(笑)。

テリー アハハハハ。天才同士のやり取りは、本当に神がかってるね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”