芸能

本名公開でプチ話題のMay J.が肝心の歌ではブレイクできないワケとは?

 アーティストのMay J.(メイ・ジェイ)が3月25日放送のバラエティ番組「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)にて、みずからの本名を「橋本芽生っていうんです」と明かし、MCの松岡昌宏(TOKIO)らを驚かせた。

 May J.はかつて「May J.の、橋本の時間」というラジオ番組を持っていたこともあり、本名を明かすのは今回が初めてではない。それでもネットでは「初めて知った!」との声が多く、プチブレイク状態になっているようだ。そんなMay J.について、音楽ライターがささやく。

「彼女は知名度もまあまあ高く、歌の上手さは文句なしですが、肝心の人気がついてきていないのが実情。昨年10月25日発売の最新アルバム『Futuristic』はオリコンの週間アルバムランキングで24位と惨敗。3月7日発売の最新シングル『[Limited for ULTRAMAN] 絆∞Infinity/HERO』はなぜか販売店を限定し、ランク外という有様です。ライブツアーは毎年行っているものの、会場は1000人規模の市民ホールがほとんどで、昨年のツアーではNHKホール公演で完売を逃しています」

 ただし、2013年公開の映画「アナと雪の女王」では主題歌の「Let It Go~ありのままで~」を担当して人気を博し、15年1月にはデビュー9年目で念願の日本武道館公演も実現。ルックスも上々で、人気は十分にありそうなものだが。

「彼女の弱点は、上手すぎる歌にあります。アーティストのファンは歌だけを聴きに来ているのではなく、そのアーティストが持つ人間性まで含めたトータルの表現を味わいたいもの。しかしMay J.の場合、達者すぎる歌ばかりが耳についてしまい、『どう、私の歌、上手でしょう?』と言われているみたいで、興味が削がれるのです。音楽業界内では彼女の歌唱スタイルについて『コンテストじゃないんだからさあ』との批判も見受けられますね」(前出・音楽ライター)

 なお、May J.の名誉のために付け加えれば、彼女は人格面での評価も高く、彼女と接した経験がある人はみな「いい人だった」と口をそろえるという。芸能界では人格者が人気者になるとは限らないところがまた、難しいところだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…