芸能

本名公開でプチ話題のMay J.が肝心の歌ではブレイクできないワケとは?

 アーティストのMay J.(メイ・ジェイ)が3月25日放送のバラエティ番組「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)にて、みずからの本名を「橋本芽生っていうんです」と明かし、MCの松岡昌宏(TOKIO)らを驚かせた。

 May J.はかつて「May J.の、橋本の時間」というラジオ番組を持っていたこともあり、本名を明かすのは今回が初めてではない。それでもネットでは「初めて知った!」との声が多く、プチブレイク状態になっているようだ。そんなMay J.について、音楽ライターがささやく。

「彼女は知名度もまあまあ高く、歌の上手さは文句なしですが、肝心の人気がついてきていないのが実情。昨年10月25日発売の最新アルバム『Futuristic』はオリコンの週間アルバムランキングで24位と惨敗。3月7日発売の最新シングル『[Limited for ULTRAMAN] 絆∞Infinity/HERO』はなぜか販売店を限定し、ランク外という有様です。ライブツアーは毎年行っているものの、会場は1000人規模の市民ホールがほとんどで、昨年のツアーではNHKホール公演で完売を逃しています」

 ただし、2013年公開の映画「アナと雪の女王」では主題歌の「Let It Go~ありのままで~」を担当して人気を博し、15年1月にはデビュー9年目で念願の日本武道館公演も実現。ルックスも上々で、人気は十分にありそうなものだが。

「彼女の弱点は、上手すぎる歌にあります。アーティストのファンは歌だけを聴きに来ているのではなく、そのアーティストが持つ人間性まで含めたトータルの表現を味わいたいもの。しかしMay J.の場合、達者すぎる歌ばかりが耳についてしまい、『どう、私の歌、上手でしょう?』と言われているみたいで、興味が削がれるのです。音楽業界内では彼女の歌唱スタイルについて『コンテストじゃないんだからさあ』との批判も見受けられますね」(前出・音楽ライター)

 なお、May J.の名誉のために付け加えれば、彼女は人格面での評価も高く、彼女と接した経験がある人はみな「いい人だった」と口をそろえるという。芸能界では人格者が人気者になるとは限らないところがまた、難しいところだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは