スポーツ

包帯姿で出場した選手も…中国サッカー協会が「入れ墨禁止令」を発令!?

 中国サッカー協会(以下、CFA)が風紀の観点において大きなルール改革を実施する見通しだという。英紙Telegraphが3月27日に報じた内容によれば、同協会はあらゆる年代別カテゴリーで選手の入れ墨を全面的に禁止する方針を固めているようだ。

 サッカー界では3月下旬から代表ウィークに突入し、欧米各国代表と同様に、中国代表チームも豪華なタレントを擁するウェールズ代表チームと「チャイナ・カップ」という名称の国際親善試合を開催。ゲームはレアル・マドリードに所属するFWガレス・ベイルらが活躍したウェールズ代表に0-6で惨敗することとなったが、英メディアが着目したのは中国代表選手の“地肌”である。

「一部のプレイヤーは試合前のトレーニング時点で長袖とタイツを着用すると、ウェールズ戦本番でも不自然に包帯などを巻くことで完全に肌を覆っていました。これは決して彼らが“寒がりだった”ワケではなく、中国当局からのお達しによるものだったと英紙は指摘しています。曰く、今後1カ月以内に中国サッカー協会から全面的な『入れ墨禁止令』が発表される予定となっており、この大胆な新ルールは中国代表チームの選手だけでなく、中国スーパーリーグや若年層のユースカテゴリー、少年サッカー、さらにはプロ以外のアマチュアにまで幅広く適応されていくそうです」(スポーツライター)

 将来的にフットボーラーを目指す少年少女への良き手本とする為なのか、もしくは入れ墨による身体への影響を危惧してのものなのか、中国サッカー協会による真意は定かではないが、今回のウェールズ戦ではそういった変革に向けた事前準備のような段階だったのかもしれない。

 なお、Telegraphはこの“入れ墨禁止令”が近年、中国スーパーリーグへ続々と参戦してきた外国人プレイヤーらには一切適応されないだろうとも伝えている。

(ジェイコヴ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…