スポーツ

巨人・岡本和真「ポスト阿部」呼ばわり拒否の豪放覚醒(1)「大丈夫って何がですか?」

 エース菅野が打ち込まれ、暗雲漂う巨人にあって、期待の若武者が派手な活躍を見せている。ついに覚醒した4年目の大砲が持ち前の強心臓を発揮して“生え抜きスター”の座を勝ち得ようとしている。

 開幕カードの巨人VS阪神は、岡本和真(21)が連日にわたって鮮烈な3ランを放った。特に4月2日の3戦目は、値千金の逆転弾に、スタンドのG党はメガホンを叩いて狂喜乱舞。いつもはポーカーフェイスを貫く高橋由伸監督(43)も一瞬、珍しく白い歯をのぞかせた。

 しかし、当の本人はダイヤモンドを回りながら小さくガッツポーズを作ったものの、どことなく喜びは控えめだった。「今日打っても明日打たないと。まだまだこれから」と口にし、周囲のフィーバーぶりをヨソに気を引き締める。

 自分は打って当たり前だし、打たなきゃウソ──。何を隠そう、岡本はそう心の中で自分自身に言い聞かせているのだ。この言葉は今年の春季キャンプでも実際に、あの超大物“世界のゴジラ”こと松井秀喜氏(43)を前に言い放ち、驚嘆させたセリフでもある。

 2月、2年ぶりに古巣の臨時コーチを引き受けた松井氏は岡本の急成長ぶりに目を丸くした。

「松井さんが特に驚いたのは、岡本のハートの強さです。ウチの若い選手たちは松井さんを目の前にすると、あまりの偉大さにビビってしまい、ついつい遠慮がちになってしまう。だから、せっかく臨時コーチを引き受けてくれても正直、これまでは『ゴジラ効果』が表れにくかった。ところが、今年のキャンプは岡本が、今まで以上に松井さんにガツガツ食らいついていったんです」(球団関係者)

 岡本は松井氏に「もっともっと教えてください」「まだまだ、こんなんじゃ足りません」「もう一丁、いや二丁、お願いします」などと拝み倒し続け、心構えばかりか技術論についても質問攻めにしていたほど。

「もともと高橋監督から『強化指定選手』として指名を受けていただけに、松井さんもマンツーマン指導を施すつもりでしたが、本人のあまりの熱意に驚きを隠せない様子でした。だからこそ松井さんは、キャンプ合流初日から最終日まで、7日間ほぼ付きっきりで岡本を密着指導。いつも宿舎へ戻る時に報道陣の囲みに応じていたのですが、岡本が居残り練習をする際は『これから彼の特打を見るので』とそのあとの取材をNGに。そのうえでマンツーマン特訓に及んだこともあったほどです。それだけ松井さんも岡本に入れ込んでいた。岡本は『ゴジラのエキス』を吸い尽くしていましたね」(前出・球団関係者)

 2年前の16年も宮崎春季キャンプで、岡本は臨時コーチの松井氏から熱血指導を受けている。しかし、その直後のオープン戦で結果が出ず、期待を裏切って開幕2軍スタート。周囲からは「ゴジラの教えをまったく生かせない」「偉大なスターの行為をまったくムダにした」などとコテンパンに叩かれ、一部のメディアでは〈スランプにハマって自暴自棄になり、ノイローゼになっている〉とまで報じられたものだ。

 ところが、当時の状況を知るチーム関係者たちは「むしろ、いい意味で和真は開き直っていた」と口をそろえている。その中の一人は次のように補足した。

「その年のシーズン序盤、さぞや本人は落ち込んでいるだろうと思い、『おい和真、大丈夫か?』と声をかけたんです。そうしたらアイツ、『はあ? 大丈夫って何がですか?』と返してきたんですよ(笑)。さらにこっちの心を見透かしたのか、間髪いれずに『まだ自分は若いんですから、よけいな心配はしないでください』とも真顔で言い放った。アイツはもともと、ビビるタイプなんかじゃない。むしろ逆に緊張とは無縁で、独特の世界観を持った強心臓の男なんです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!