政治

安倍「ウソつき政権」に「1日5億円」血税タレ流し(3)「安倍本」を4320冊購入

 ウソつき国会で1日約5億円の血税が消えていく一方、ムダ遣いは国会の外でも横行している。中堅野党議員の秘書が匿名を条件に口を開く。

「目に余るのは、ムダに多い公用車。衆参両院で、毎日200台くらい黒塗りの車が止まっています。議員の電車通勤も珍しくないこのご時世で、はたして本当に必要かどうか‥‥」

 16年3月に公用車のコスト問題について質問された安倍総理の答弁によれば、内閣官房や内閣府で所有する「安倍内閣」の公用車は247台。年間の予算は約3億3600万円で1日当たり100万円近くかかる計算になる。「ウソつき政権」のスタッフは国民に忖度して自転車通勤に切り替えてはどうか。

 安倍総理の個人的なムダ遣いを指摘するのは、ジャーナリストの三宅勝久氏だ。12年8月に発売された「アベ礼賛本」を、政治資金で爆買いしていたというのだ。

「安倍総理が代表を務める政治団体『晋和会』と『自民党山口県第4選挙区支部』の政治資金収支報告書や付随する領収書を調べたら、幻冬舎から発売された『約束の日 安倍晋三試論』という本を12年から13年にかけて大量購入していました。書名が記された領収書だけでも4320冊、疑わしいものを含めれば6000冊にも及びます。当時は、大型書店の売り上げ1位をうたった記事や広告も目にしましたが、購入したのは総理自身。世の中を欺くマッチポンプです」

 本の定価は1620円。6000冊で972万円である。「調査研究費」の名目で購入するには、さすがに異常と言わざるをえない。

 実際に領収書を見ると、一括購入ではなく、都内の大型書店数店舗で複数日に分けて購入したのがわかる。また、出版元から直接購入したと思しき領収書もあった。

「政治団体は寄附や政治パーティーの収入が主な財源になっていますが、政党からカネを移すこともできる。本の購入費用をたどっていけば、団体に支給された政党交付金、つまり税金である可能性も指摘できます」(政治部記者)

 三宅氏はさらなる違法性についても指摘する。

「大量の『アベ本』を有権者に配布した可能性も考えられます。これは、公職選挙法の『寄附の禁止』に抵触するおそれもあります」

 もし本当ならば「総理も議員も辞める」どころか、司直介入の可能性すら出てくるが‥‥。

 長期政権は腐敗する、とはよく言われるが、国会でジャブジャブと血税を浪費する一方で、自民党はガッポリと資金をためこんでいた。18年の自民党への政党交付金は174億円、前年からの繰越金は約125億円だった。岩渕教授が語る。

「政党交付金はもともと、企業献金を廃止する代わりに税金で補填するという国民への約束のもとで始まりました。でも、企業献金は一向になくならない。政権与党が焼け太りしているような状況です。官房機密費にしても額が大きすぎる。さまざまな政治資金の使途をキチンと情報公開して、国民が選良を選ぶ判断基準にできるよう求めます」

 支持率も信頼もガタ落ちの安倍政権。今後も悪あがきを続けながら血税を食い潰していくのだろうか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
2
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
3
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
4
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
5
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚