スポーツ

羽生結弦、凱旋イベントで“レジェンド”佐野稔が大ハッスルしていた!

 フィギュアスケート・羽生結弦選手が、4月22日に出身地の仙台市で行った凱旋パレードに先立つこと一週間前、同じく凱旋と感謝の意味を込めたショー「Continues with Wings2018」が、4月13日から15日の3日間、東京・調布市の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」で開催された。ショーには、羽生選手のスケート人生に影響を与えた一人として、スケート解説でおなじみの佐野稔氏もゲスト出演した。

 羽生選手が姉をまねてスケートを始めたことはすでに知られているが、そもそものきっかけは、実は、佐野氏が仙台でのスケート教室に来たことだった。そのため、羽生選手は「(佐野氏が)仙台に来なかったらスケートをやっていなかったかもしれない」とコメントしたものだった。

 佐野氏は、羽生選手の元コーチ・都築章一郎氏に師事していたことがあり、羽生選手とは兄弟弟子の関係。そんな縁もあって出演した佐野氏だが、トークだけでの出演かと思いきや、ゆかりの選手や元選手たちのスケートの演技に加え、「22年ぶり」にショーでスケートを披露するという驚きの演出もあり、会場は大喝采に包まれた。

「佐野氏はいまや解説でしか姿を見ることができませんが、1977年に日本人選手として世界選手権で初めて銅メダルを獲得し、日本スケート界の礎を作った存在の一人です。自身の銅メダル演目『ブダペストの心』のサワリを滑ったものの、さすが22年ぶりだけにジャンプができるわけもなく、ステップやスピンのみ。ライブビューイングでは織田信成氏の解説が入ったのですが、『イナバウアーですね』という解説がなかったら、とてもそうは見えないような固い演技もありました。それでも62歳であれだけ滑れるのはすごいですね。本人も満面の笑みで、みんなと滑ったこと、そしてショーに出演したこと自体も、とても楽しんでいるようでした」(スポーツライター)

 実際、佐野氏はツイッターで「メチャクチャ楽しかった!」と感想を語っている。佐野氏が活躍していた頃は、男子フィギュアスケートはこんなにメジャーなスポーツではなかったはず。初めての黄色い大声援に、“レジェンド”もさぞかしお喜びだったに違いない。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
3
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
4
小木博明「杏さん耐えて」炎上発言を矢作兼が叱るもさらに燃料投下状態のワケ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃