スポーツ

武田修宏が明かした“ドーハの悲劇”時代のギャラにスタジオ騒然!

 サッカー日本代表も、今では、W杯本選に出場するのは当たり前で、その先の成績を厳しく問われる時代になっているのは、先般のハリルホジッチ氏から西野朗氏への電撃監督交代劇を見ても明らか。しかしこれが、今から四半世紀前のJリーグ開幕当時となると状況はずいぶん違っていたようだ。

 全盛期のヴェルディ川崎で活躍し、日本代表としても多くのゴールを挙げた武田修宏が、「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)に出演したのは4月1日。そこで、かつて日本中の注目を集めた“ドーハの悲劇”に関する驚きのクイズを出題した。

「“ドーハの悲劇”とは、1993年にカタールのドーハにて開催されたアメリカW杯アジア最終予選のイラク戦を指し、日本代表は終了間際、ロスタイムでの失点により2-2のドローという結末に。日本史上初のW杯出場をあと一歩のところで逃したということで、代表チームの“ここ一番での弱さ”という部分は、長年尾を引いて批判の対象になりました」(スポーツライター)

 この悲劇の一戦で9番を任されていた武田は番組内で「ドーハの悲劇の頃にもらっていた1日あたりの選手の報酬はいくらか?」という興味深い難問を出題。同じくアスリートのゲストとして出演していたシンクロの元日本代表青木愛は「300万円」などと日給の額を推察する中、武田はその金額を「9000円」と明かし、あまりに低すぎる額にスタジオが驚きの声で包まれた。

「武田いわく、当時はプロリーグの制度が整っておらず、勝利ボーナスや手当を受けられない状態で“名誉のために”日の丸を背負い戦っていたとのこと。後に、ラモス瑠偉や三浦知良らが協会と交渉したおかげでようやく日給が支給されるようになったと武田は振り返りました」(前出・スポーツライター)

 サッカー先進国に追いつくべく、一刻も早い大舞台での活躍、成果を求められていた当時の日本代表だが、9000円という日当が知られていたら、批判ももう少し柔らかくなったのかも知れない?

(木村慎吾)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!