芸能

お笑いコンテストに囁かれる“呪い”(3)R1王者を襲う生活苦と女性トラブル

「R-1ぐらんぷり2017」覇者のアキラ100%が、予想に反して息の長い活動を続けている。マッパにお盆というスタイルが飽きられることを恐れて、ネタはどんどん進化。1話限りながらも、嵐・松本潤の主演連ドラ「99.9─刑事専門弁護士─ SEASONII」(TBS系)に出演し、元役者としての真価も見せた。しかし、そのバブルももう弾けかかっているというのが、事情通の見方だ。

「放っておいてもそうなりそうですが(笑)、R-1チャンピオンはかなりの確率で不幸に巻き込まれるというジンクスがあるからです。16年王者のハリウッドザコシショウ、15年のじゅんいちダビッドソンは、テレビタレントとしての露出は減少。14年のやまもとまさみにいたっては、妻子を養うための安定収入を求めて、スマホアプリを制作する会社の社員になりました。芸人と舞台役者としての看板はギリギリ下ろしていないというありさまです」(エンタメ誌記者)

 13年に優勝した三浦マイルドは、優勝を機に7年間も勤めた伊藤ハムの近鉄百貨店阿倍野店アルバイトを辞めたが、現在はふたたび生活苦に。母親にあげた優勝賞金を返してもらっている。

 05年のほっしゃん。(現・星田英利)は、女優・尾野真千子と不貞騒動を起こしている。また、大会唯一の2連覇(07年&08年)達成者・なだぎ武は、グラドル・萌木七海との熱愛騒動で星田と同じく女で栄誉を失った。

「もっとも不幸なのは、09年王者の中山功太でしょう。最終的には、地元の関西と、進出した東京の両方で仕事をなくしてしまいました。改名したり、ホストでバイトしたり。何とか話題を作ろうとしましたが、鳴かず飛ばず。昨年は、キャバ嬢が暴行されたと週刊誌に話し、訴訟に発展する勢いでした」(前出・エンタメ誌記者)。

 タレントとして息長くスポットライトを浴びているのは、06年の博多華丸だけ。「R-1ぐらんぷり2018」で優勝した濱田祐太郎は、はたしてどうなるか?

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
2
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
3
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚
4
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
5
「エイベックス松浦会長の離婚」&「浜崎あゆみ極秘出産」が“意味すること”