芸能

お笑いコンテストに囁かれる“呪い”(3)R1王者を襲う生活苦と女性トラブル

「R-1ぐらんぷり2017」覇者のアキラ100%が、予想に反して息の長い活動を続けている。マッパにお盆というスタイルが飽きられることを恐れて、ネタはどんどん進化。1話限りながらも、嵐・松本潤の主演連ドラ「99.9─刑事専門弁護士─ SEASONII」(TBS系)に出演し、元役者としての真価も見せた。しかし、そのバブルももう弾けかかっているというのが、事情通の見方だ。

「放っておいてもそうなりそうですが(笑)、R-1チャンピオンはかなりの確率で不幸に巻き込まれるというジンクスがあるからです。16年王者のハリウッドザコシショウ、15年のじゅんいちダビッドソンは、テレビタレントとしての露出は減少。14年のやまもとまさみにいたっては、妻子を養うための安定収入を求めて、スマホアプリを制作する会社の社員になりました。芸人と舞台役者としての看板はギリギリ下ろしていないというありさまです」(エンタメ誌記者)

 13年に優勝した三浦マイルドは、優勝を機に7年間も勤めた伊藤ハムの近鉄百貨店阿倍野店アルバイトを辞めたが、現在はふたたび生活苦に。母親にあげた優勝賞金を返してもらっている。

 05年のほっしゃん。(現・星田英利)は、女優・尾野真千子と不貞騒動を起こしている。また、大会唯一の2連覇(07年&08年)達成者・なだぎ武は、グラドル・萌木七海との熱愛騒動で星田と同じく女で栄誉を失った。

「もっとも不幸なのは、09年王者の中山功太でしょう。最終的には、地元の関西と、進出した東京の両方で仕事をなくしてしまいました。改名したり、ホストでバイトしたり。何とか話題を作ろうとしましたが、鳴かず飛ばず。昨年は、キャバ嬢が暴行されたと週刊誌に話し、訴訟に発展する勢いでした」(前出・エンタメ誌記者)。

 タレントとして息長くスポットライトを浴びているのは、06年の博多華丸だけ。「R-1ぐらんぷり2018」で優勝した濱田祐太郎は、はたしてどうなるか?

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
3
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗