芸能

「アイドル文豪」の知られざる名作(2)体験談?今野杏南が綴った生々しすぎる艶シーン

 歌やダンスにトークと、みずからの表現に長けたアイドルたち。その中でも選ばれし者たちのみに許されるのが文芸作品の発表だ。

 アイドルを中心に、小説やエッセイなどの作品を世に問うた女性芸能人たち20人をピックアップ。その出来栄えを評価してみた。

○矢口真里「おいら─MARI YAGUCHI FIRST ESSAY」(ワニブックス 2003年10月)

〈明日香が卒業して、その4か月後にごっつぁんが、新メンバーとして加入してきた。もの凄い存在感! スタイルもムチャクチャいいし、年下なのに大人っぽい雰囲気。なんか“今ドキ”って感じがして。超アセったぁ(笑)。〉

 モーニング娘。の初期が赤裸々に語られ、史料的な価値も見出せる。エッセイなのにまるでバラエティ番組を観ているかのようなジェットコースター感も爽快。まさに「やぐっちゃん」そのままの文体で、半年後に出た安倍なつみのエッセイが盗作騒ぎになったのとは対照的だ。

○菅なな子「アイドル受験戦記SKE48をやめた私が数学0点から偏差値69の国立大学に入るまで」(文藝春秋 16年3月)

〈つい昨日まで、電車に乗っている間は勉強する時間だった。でももう、英単語も古文の単語も、世界史の年号だって、覚えなくちゃいけないことは、私には何一つなかった〉

 中3でSKE48に加入した作者が、グループ卒業後に一念発起して、進級も危ぶまれていた状況からみごと、名古屋大学に合格するまでの合格ストーリー。アイドル時代と受験生時代という2つの異なる生活を、現役学生ならではの身近な視点で描き、地頭の優秀さを実感させる。

○吉木りさ「誰かさんと誰かさんがネギ畑」(竹書房 13年6月)

〈幸恵は、教師に顔と名前をなかなか覚えてもらえないタイプだ。目立たない。印象が薄い。小学校の頃からそうだったから、中学でもあきらめていた。でも沢田先生は、いつも「岩田」と呼んでくれた〉

 人生の分岐点に立つ「25歳の女子」がテーマの短編集。古風なイメージを持つ吉木らしく昭和レトロ感にあふれる描写には懐かしさすら感じる。文芸作品としては新人作家の卵の域を出ないものの、吉木のファンなら彼女の多彩な表現のひとつとして押さえておきたいところだ。

○今野杏南「撮られたい」(TOブックス 14年4月)

〈彼はシャッターを押す手を止めずに、撮り続ける。私は連続的に鳴るシャッター音を聞き、より下半身が熱くなってくる。そして目の前にあるモノを、思い切り口いっぱい頬張った。〉

 人気グラドルが、迫真の艶シーンを生々しく描写。あくまで想像をもとに書いたというが、今野のファンならずとも頭の中に彼女の肢体を思い浮かべながら読むことは間違いなし。すべてをiPhoneで書いたという点も、新世代の台頭を感じさせるエピソードだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ