スポーツ

急逝・衣笠祥雄、緒方カープの礎を作っていた「鉄人のひと言」とは?

“鉄人”衣笠祥雄氏が永眠した。71歳だった。1987年6月13日、連続試合出場の世界記録を更新し、それは引退まで継続された。その2215試合連続出場の記録は歴代日本1位、世界でも2位の大偉業だ。

 氏が75年の広島初優勝に大きく貢献したのは説明するまでもないが、今日の緒方カープにも関わっていたことはあまり知られていない。氏の現役最後のシーズンとなった87年、新人選手としてカープに入団してきたのが緒方孝市監督なのである。

「衣笠さんは首脳陣が緒方監督に大きな期待を寄せていたことを聞かされていました。高橋慶彦のような守備範囲の広い内野手に育てよう、と」(チーム関係者)

 氏は“ルーキー・緒方”にみずから近づき、「一緒にやろうか?」とウォーミングアップのキャッチボールに誘った。ところが、である。まだ18歳だった緒方監督はガチガチに固まってしまい、まともに返球できなかったのだ。

「オマエ、外野手になったほうがいいよ」

「はい、そうします」

“世界の鉄人”を相手に「緊張するな」と言うほうが無理である。しかし、選手・緒方は外野手として鍛えられ、翌88年から一軍に定着した。守備範囲の広い内野手にはなれなかったが、リードオフマンとして成長し、「3割40盗塁以上」「3年連続盗塁王」などのタイトルも獲得した。後年、鉄人は「内野手失格の発言は冗談」と笑っていたが、そのひと言がなければ、外野手・緒方が監督まで上り詰めることはなかっただろう。

 緒方監督も故障は多かった。しかし、不屈の精神で何度も復活してみせた。ダメ出しをしてくれた鉄人がお手本だったのだろう。指揮官となった今、選手の自己管理に厳しいのもその影響のようだ。

(スポーツライター・美山和也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!