芸能

神田愛花×いとうあさこ「“日村争奪戦”に敗れて猛ボヤキ」

 売れっ子芸人、バナナマンの日村勇紀(45)と元NHKアナの神田愛花(37)が4月7日に結婚を発表した。しかし、芸能界が「美女と野獣カップル」の慶事に沸く中、一人涙にくれる女芸人の姿が‥‥。

 日村と神田に横恋慕していたというのは、いとうあさこ(47)だ。4月15日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、

「(日村のことが好きだと)漏れちゃって、いろんなところから。それで神田さんにも、共演した時に『あさこさんは本気だったって聞いてます~』って言われたこともあって」

 と鼻息も荒く衝撃告白。また同番組では、今回の結婚報道を知ってかなり落ち込み、親友の大久保佳代子(46)と飲み明かしたとも明かした。芸能ジャーナリストの平田昇二氏は語る。

「事実、いとうの“日村ラブ”は有名でした。ブサイクを売りにしている日村ですが、実はかなりの優良物件。稼いでいるし、スタッフ受けや性格もいい。私服は全身をルイ・ヴィトンで固めるなど、オシャレにも気を遣っている。スタッフや若手芸人の間では『日村さんが神田さんをゲットしたんじゃなくて、神田さんが日村さんをうまく捕まえた』というのが共通認識。いとうは番組でギャグっぽく語っていましたが、本気でショックを受けたのは間違いないでしょう」

 熾烈な「日村争奪戦」に敗れ、テレビでは気丈に敗戦の弁を述べたいとうだが、舞台裏では恋敵への猛ボヤキが目撃されていた。

「まだ結婚前、女芸人がたくさん出演するバラエティー番組の、大部屋の楽屋でした。ふだんから仲のいい女芸人仲間に『なんで彼は彼女のことが好きなの? どこが好きなの? どこがいいんだろう、あんなあざとい性格で』と話していました」(キー局関係者)

 確かに、仕事面では12年3月末にNHKを退職して以降、神田がそれほど目立った活躍をしていたわけではない。バラエティー番組を担当するベテラン放送作家が語る。

「神田は才色兼備の代表格であるNHK女子アナ出身でありながら、よく言えば天然キャラ、悪く言うと空気が読めないところがある。収録中も『自分が自分が』という感じで前に出たがったりと、正直言って使いづらいんです。日村のいないところで交際中の話をアッケラカンと話すことも多く、無自覚ながら“幸せアピール”が過剰になるケースも少なくない。そんな態度が鼻につくのか、女性ウケは非常に悪いですね」

 平田氏が案じるのは、傷心のいとうの今後だ。

「一時期、ヒモ男に貢いでいたことでも有名ないとうは、好きになったらのめり込むタイプ。アラフィフにしてハマった日村と、今後バラエティーの現場でうまく絡めるかどうかが心配ですね」

 恋に生きるか笑いに生きるか──不惑を越えても惑い続けるいとうに幸あれ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故