スポーツ

松坂大輔「薄氷の復活勝利」の裏で交錯する「森監督」「他球団」の思惑!

 松坂大輔(37)が復活勝利を飾ることができたのは、4月30日にさかのぼる。「できた」というのは、森繁和監督の評価がさほど高くないのである。

 試合後、森監督は手放しで松坂の復活を喜んでいた。しかし、松坂が語ったローテーション入りへ意気込みを伝え聞くと、表情が一変した。

「次に肩を壊したらおしまい」

 ぶっきらぼうな物言いは森監督の性格。だが、常に選手を思ってきた。ローテーション入りの質問にそう答えたということは、その可能性はないと見るべきだろう。

「復活勝利の翌日、松坂の一軍登録を抹消しています。5日になって、『次の登板を見て、そろそろ』と、ローテーション入りを検討するような言葉に言い直しました。松坂は投球数が多すぎるんです。30日も6回で交代していますが、114球を投じています」(ベテラン記者)

 球速の衰えは自覚しているが、「投げたがり」の性格は、昔のまま。松坂は高校時代から徹底的に投げ込んで肩を作ってきた。その性格が試合で無駄な球数を増やし、疲労によるコントロールミスも招いてしまっているのだ。

「まもなく交流戦が始まります。松坂の弱点を知り尽くしたパ・リーグは2ストライクまで待ち、バントや盗塁などをからめて牽制球も投げさせる作戦です」(前出・ベテラン記者)

 西武時代の投手コーチだった森監督は、松坂の投げたがりの性格も知り尽くしている。ローテーション投手に故障者が出ても、すぐに松坂をアテにしなかったのは親心だろう。

「ソフトバンクも松坂のためを思って、コーチ兼任でのリハビリ期間を与えたつもり。それなのに『辞める』と言われた時は怒りを通り越して呆れていた」(前出・ベテラン記者)

 そんな恨みも交流戦で爆発するかもしれない。松坂は「昔のイメージ」を完全に拭い去らなければ、森監督の懸念する再起不能に陥ってしまうだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
2
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然
3
あのコンビが原因?とろサーモン久保田が上沼恵美子にキレた本当の理由
4
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは