スポーツ

高安がそろそろ初優勝?それぞれの戦いに臨む大相撲5月場所の注目力士たち

“土俵上での女人禁制”という伝統に関し、様々な騒動が日本列島を駆け巡った大相撲春巡業。その巡業も4月27日に終わり、いよいよ5月場所が間近に迫って来た。騒動の影響からか、ネット上では「相撲を見る気が起きない」といった声もあがっている今回の夏場所。ただ、このようなフラストレーションを本場所に持ちこむのは野暮というもの。そうした諸問題を一旦棚上げし、今場所の注目力士について触れていこう。

 今場所一番の注目といえるのは関脇・栃ノ心の大関取り。1月場所で14勝1敗(平幕優勝)、3月場所では10勝5敗の成績を残していることから、今場所で9勝以上をマークすれば昇進が濃厚。仮に大関昇進を果たせば、昨年5月場所後の高安以来1年ぶりの新大関誕生となる。

 大関昇進からちょうど1年、そろそろ初優勝を飾りたいのが、ケガのため今場所で7場所連続の休場となる横綱・稀勢の里と同じ田子ノ浦部屋に所属する高安。1月場所・3月場所ではどちらも“優勝次点”となる成績(12勝3敗)を残しているとあって、今場所での悲願達成も射程圏内だろう。ちなみに、もし優勝すれば「2場所連続優勝もしくはそれに準ずる成績“という横綱昇進の条件を一応満たしているという解釈もできるようになる。

 優勝の可能性はさておき、今場所をステップアップの場所としたいのが関脇・逸ノ城と新小結・遠藤。先場所小結として9勝を挙げた逸ノ城は大関取りの足場固めとして、そして悲願の三役昇進となった遠藤はさらに上の地位を目指すため、ともに2ケタ勝利を目指していきたいところだ。

 ここまで主に幕内上位の力士について触れてきたが、今場所は番付下位にも注目すべき点がある。番付を下から見ていくと、安美錦・妙義龍・栃煌山・豪風・碧山といった“元三役”の力士が少なくない。確かな実力を持つ彼らが幕内生き残りをかけて“サバイバル”を繰り広げるさまは、上位顔負けの熱気を生み出すことだろう。

 それ以外にも、白鵬・鶴竜の横綱や2場所連続2ケタ勝利で番付を駆け上がっている前頭・阿炎、それに北海道出身力士として20年ぶりの幕内力士となった新入幕・旭大星などといった注目株がいる今回の5月場所。はたして、各力士は今場所をどのような場所にしていくのか。戦いの火ぶたが切って落とされる5月13日の初日から目が離せない。

(戸畑マサシ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!