スポーツ

広島・緒方監督、愛弟子に自分を重ねFA丸に「タイトル料払って」の心境!?

 6月8日に通算1000試合出場を達成し、この日の大勝にも貢献した丸佳浩。1日には、復帰後初の本塁打を放って猛打賞も記録し、広島打線も息を吹き返している。緒方孝市監督もひと安心といった心境だろう。

「丸が右大腿裏を故障したのは4月14日で、この日に至るまでの広島打線は『1試合平均』で4.92点を挙げていたのに、丸を欠いて以降は3点台でした。数字を見てもわかる通り、丸は単なる中核打者ではなく、いてもらわなければ困る存在です」(球界関係者)

 その丸の周辺を騒がせているのが、今オフ取得する国内FA権の話だ。丸自身は何も語っていないが、各メディアは「巨人が獲得に乗り出す」など、権利行使を規制路線のように扱っている。

「緒方監督の前でその話をするのは、絶対ダメ。不機嫌になるので」(スポーツ紙記者)

 緒方監督にとっては、思い入れの強い選手でもあるようだ。二軍監督時代から目を掛けていた。「生え抜き、たたき上げ、巨人がちょっかい」。奇しくも、師匠・緒方と丸はここまで同じ道を歩んでいる。緒方監督は広島に残って今日があるが、丸が残留するかどうかを決めるのは、これからだ。

「昨年オフの契約更新で、丸は大幅昇給を勝ち取りましたが、笑顔はありませんでした。丸はタイトル料を希望し、球団は『出せない』と。会見であまり機嫌が良くなかったのはそのためでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 タイトル料を出すかどうかが、残留のカギになるかもしれない。全国区の人気球団に成長した広島は黒字経営で、タイトル料も出そうと思えば出せるはず。緒方監督が連覇と丸残留のため、みずからフロントに根回しする可能性もありそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”