社会

強欲中国人は「国産ウイスキー」まで買い占め転売していた(2)「年数表示」と「終売」が人気高

 日本で営業するお酒の買取専門店のスタッフはこう明かす。

「ウイスキーを買い求めにくるお客さんは、ここ数年で中国人が圧倒的に増えました。たまに転売目的の日本人もいますが、購入するのは2、3本。中国人は在庫全てをまとめ買いしていくので、資金力の差をまざまざと感じますね」

 市場に出回っているウイスキーは買いあさられ、中国に送られる。バーやスナックでまれに入荷できても、

「仕入れ価格がどんどんつり上がり、以前と同じ価格での提供は難しい‥‥」(都内のウイスキーバー店主)

 そう嘆くばかり。がめつい中国人のせいで、「ウイスキー難民」が続出する中、インターネットの通販サイトでも、その価格は庶民には手を出せないほど高騰中だ。希望小売価格8500円の「白州12年」は、6万円から9万円台の高値で販売されていた。だが原因は、販売休止によって希少性が出ただけではない。転売事情を知るライターはこう説明する。

「中国人が主に投資対象として探しているのは、『年数表示』のあるウイスキーと、今は作っていない『終売』モノです。『宮城峡15年』は1万円で買って、8万円で転売できる。『余市15年』も8000円前後で購入できて、5万円で転売。終売のウイスキーは、地方のデパートで販売されることがあります」

 また、17年に酒類競技会「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ」でサントリー「響21年」が最高賞を獲得したことで、日本産ウイスキーはますます投資目的で狙われるようになったという。

「高額商品なら、秩父で作られている『イチローズモルト』で、トランプの絵柄をあしらった『カードシリーズ』です。1万円台で購入したら30万円以上に跳ね上がる。そればかりか、その中でモノクロの『ジョーカー』は100万円以上するので、中国人の転売屋は血眼で探していますよ」(転売事情を知るライター)

 一方でこれから高騰が予想されるウイスキーも赤い“ツバ”をつけられていた。

「狙い目は、今は年数表示をやめている『ザ・マッカラン』。『12年』は5000円ぐらいで買えるのですが、品薄で、じきに上がると見られています。関係者の間では“正露丸”と呼ばれるほどクセのある『ラフロイグ』も固定ファンが多く、『18年』は転売価格がジワジワ上がっていて、買いあさる転売屋も増えているそうです」(転売事情を知るライター)

 このままでは、かろうじて飲む機会のあるサントリーの代表格「山崎」も爆買いされて、日本で飲めなくなる日が来てしまうかもしれない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東京から干された?和田アキ子をボコったベテラン芸人とは?
2
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
3
食パン一斤一気食いも?木南晴夏、玉木宏と電撃結婚で懸念される異常パン愛!
4
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
5
テレ朝・弘中綾香「バカァ!」炸裂にオードリー若林と交際女優が強烈嫉妬か!?