芸能

「水曜日のダウンタウン」でONE OK ROCKの読み方を誤って紹介していた!?

 人気バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)が痛恨のミス? 6月6日の放送で人気絶頂の4人組バンド「ONE OK ROCK」(ワンオクロック)について取り上げたものの、ファンの間から「それは違う」と困惑の声があがっているという。

 この日の放送では「説教食らった後 派手な言い間違いされても指摘しづらい説」を検証。フリマアプリのメルカリを「カリメル」、人気モデルのみちょぱを「みちょぺ」といった言い間違いワードを用意し、酒席での説教後に先輩の言い間違いを後輩が指摘できるかどうかを検証してみせた。

 そして問題の場面では、飲食業の先輩がワンオクを「ワンオーケーロック」と発音。このシーンには「よくある英語表記の読み間違えパターン」とのナレーションが被せられていた。ここで後輩は好きな曲として「Mighty Long Fall」の曲名をあげるなどワンオクに詳しいことを示しつつ、先輩の言い間違えはあえてスルーという場面を放送したのである。

「この場面には多くのワンオクファンが違和感を感じました。というのも『ワンオーケーロック』を読み間違えと断定するのはバンド側の公式見解と合致していないからです。ワンオクはアメリカやイギリスなどの欧米でも人気が高く、その海外では『ワンオーケーロック』(One Okay Rock)の発音で公式に統一。その理由は、英語では『OK ROCK』を『オクロック(o’clock)』と読ませることに無理があるためで、表記通りの読み方を正式採用しているというわけです」(音楽ライター)

 ワンオクファンからは番組に対し「バンドメンバーだってワンオーケーロックって言ってるけど」「これは『言い間違いじゃない説』だな」といった指摘が続出。せっかくの検証企画にケチがついてしまったようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋