社会

歴史美女が実践した「健康長寿」食生活(1)則天武后を「60歳過ぎても現役」可能にした「ウズラ酒」

 残忍無比かつ夜の生活をこよなく愛したと言われた則天武后(武則天、624~705)。彼女の“パワー”を支えたのは、ある鳥だった。

 則天武后は中国史上唯一の女帝。唐室の有力者を次々に殺して、周王朝(武周)を建国し、その始祖となった女傑である。そして、生涯に相手をした男性は1000人を下らなかったというほど、性的な欲求が強い女性としても有名だ。古代中国の性生活を研究した、元駐日オランダ大使、R・H・ファン・フーリックは彼女の性生活の様子を「古代中国の性生活」にこう記している。

〈皇帝の存命中、彼女はねだって寝台の周りに大きな鏡をすえてもらい、昼間から帝とそこでたわむれた〉

 鏡張りのラブホテルのような部屋で日がな一日、武后は快楽を貪っていたというのだが、中国の「控鶴監秘記」にはこうある。

〈‥‥武后はすでに60歳を出ていた。そして不老回春の養生法を始めていた。(中略)いつも昌宗の魔羅を口に含んで寝る。雁首に吸い付いて、亀頭をなめまわす。根本をしごきながら、雁首の穴口を吸う。くりくりしてえらが張っているから、そのうちあごがだるくなってくる。それでも執拗に口から出そうとしなかった。(中略)武后は口に易之の陽具を含み、玉門に昌宗の逸物を入れさせた。上と下が相まって、ずっと気持ちが良い。養生の効果は高まり、肌の色艶がよくなった。どう見ても、40代にしか見えない〉

 医食研究家のジャーナリスト・笹川伸雄氏が言う。

「彼女は歴代皇帝たちと同様、不老長寿に執着し、宮廷には多くの不老長寿・強精の薬売りたちが出入りしていました。数々の強壮・強精剤を愛用していたことが彼女の若さの秘密と見られています」

 彼女の寵愛を受けた易之、昌宗の張兄弟も、もとは強精剤の薬売りだったという。しかも美男子で巨根の持ち主。彼女は彼らが調合開発した、その名も「武后酒」という媚酒を飲みながら、果てることのない淫靡な関係に浸っていたのだった。そして、その強壮食・酒の原料がウズラである。フードコンサルタントで栄養士の川田孝子氏が言う。

「ウズラは高たんぱくで多価不飽和脂肪酸、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸、鉄が豊富なうえ、皮付き肉としては低脂肪です。さらに卵にいたってはビタミンA、B1、B2、鉄分が鶏卵の1.5~2.5倍も多く含まれています」

 さらにセックスコンサルタントの秋好憲一理学博士は、ウズラをこう評する。

「ウズラはキジ科で、SEXの旺盛な鳥。成長も早い。おいしいから食べやすく、集中的にとり続けると強精効果が顕著になります」

 武后はウズラ料理を食べてスタミナをつけ、SEXを楽しむ時は必ず「武后酒」を欠かさなかったという。

「武后酒の他の材料の何首鳥(かしゅう)、鹿茸(ろくじょう)、高麗人参のどれもが強精効果抜群です」(秋好氏)

 生涯をエンジョイし、81年の天寿を全うした則天武后にあやかってみたい。

【則天武后が愛した「武后酒」】

◎材料(貯蔵瓶1本1.8リットル分):何首鳥(ツルドクダミ)の根50g、鹿茸(赤鹿の袋角)10g、高麗人参300g、35度以上の焼酎(ブランデーも可)1.8リットル、頭部と内臓を除去したウズラ1~2羽、ハチミツ(好みで)※材料は漢方薬局かインターネットなどの通販で手に入る。

◎作り方:(1)材料全てを丼に入れ焼酎を上面すれすれに浸るまで注ぐ。とろ火で50分ほど蒸してから、30分日光に当てる。(2)さらに焼酎を上面まで注いで30分蒸す。その後、再び20分天日にさらす。(3)その後焼酎を注ぎ、好みでハチミツを加え、密封して冷暗所に3カ月以上貯蔵。長く寝かすと効能も増すうえ、味もマイルドになる。※養命酒を美味にした味。通常はおちょこ1杯で十分。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング