芸能

W杯直前にフジテレビがまたしても“非国民的”失態やらかしネット大荒れ!

 西野朗監督率いるサッカー日本代表が、ロシアW杯本番直前の最後の強化試合、パラグアイ代表戦を4-2と快勝したのは6月12日。ロシアW杯初戦のコロンビア戦に向けた大きな弾みとしたが、それに水を差すような出来事があった。

 同試合がキックオフされる約1時間も前の12日20時54分に、フジテレビのサッカー公式ツイッターアカウントが〈#勝つのはパラグアイ〉とツイートし、直後に削除。続けて、「先ほどフジテレビサッカー公式アカウントにて誤投稿がございました。すでに投稿は削除させて頂きましたが、フォロワーの皆様に誤解を与えるような内容となってしまいましたことをお詫び申し上げます」と謝罪する事態となった。

「当然ながら日本代表を必死で応援しようとするファンから非難轟々となり、『サポーターへの嫌がらせ?』『そんなに日本に負けてほしいのか』『フジテレビは日本が嫌いなんですね』との怒りであふれました。また、フジテレビ側は件のツイートを“誤投稿”としましたが、『誤投稿? これが“勝ったのはパラグアイ”なら、試合後に投稿する予定のものを先に間違えて出してしまったんだろう、とも思うけど、“勝つのはパラグアイ”っていうのは明らかに試合前に展望として書く内容だろ?』『勝つのはパラグアイって、完全にパラグアイサポーターが意気込みとして言うヤツだろ。こういうのを誤投稿とはいわない』などの鋭いツッコミも続出しています。結果的には日本代表の快勝に終わりましたが、仮に本当にパラグアイが勝利していれば、さらなる炎上となっていてもおかしくはなかったでしょうね」(テレビ誌ライター)

 また、「これがフジテレビの本音であって、誤投稿とかではない」「そもそもどうやったらこんな誤投稿が生まれる?」「フジテレビという時点でもう皆察しましょう」との半ば呆れたリアクションまで散見。かつての同局の「笑っていいとも!」で全世代に人気1位の鍋料理を“キムチ鍋”とする不可解なアンケートを発表したり、サッカー日本代表の対韓国戦を“韓日戦”と表記し、炎上してきた同局の負の記憶を蘇らせてしまった形だ。

「一部メディアにフジ側が誤投稿の原因について答えたところによると、12日夕方に、パラグアイ戦前にフォロワーらに《#勝つのは日本》か《#勝つのはパラグアイ》の、どちらかをツイートで投稿するよう呼び掛ける勝敗予想企画を実施した際に、一部をテスト送信する際に表示されたものだとか。実際にそうしたツイートはされていたようですが…」(スポーツ紙記者)

 いずれにせよ、今回の一件でまたしてもフジは信頼を落とす結果となってしまった。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
平手友梨奈主演「響 -HIBIKI-」大ヒットは逃すも酷評が驚くほど少ないワケ