スポーツ

西野ジャパン「クーデター」全容「本田は消えてくれ!」(2)盟友・長友も突き放した

 若手の蜂起でチーム内の居場所をなくした本田に代わって、評価を上げているのが、ポジション争いを繰り広げている香川真司(29)だ。

 12日のパラグアイ戦で、本田がベンチスタートだったのを尻目に、パラグアイに1点を先制されたものの、香川や乾を中心に攻撃がうまく連動し始め、みごと4対2で快勝。そこで際立ったのは、チーム内で孤立する本田の姿だった。

「乾が同点弾を放った時も、他のベンチメンバーが喜びを爆発させ乾を祝福する中、積極的にその輪に入ろうとしませんでした。終了間際にライバルの香川がダメ押しの4点目を決めた際に一瞬カメラが本田を映しましたが、ほとんど仏頂面。まさに、『ポジションを真司に取られた』と感じていたのでしょう」(スポーツ紙カメラマン)

 さらには4年前のブラジル大会とは違い、ベテラン海外組の長友や岡崎慎司(32)も同調しないばかりか、「(1次リーグで)3戦惨敗もある」と悲壮感を持ち、若手を引っ張っている。

「4年前の大会で、GK川島永嗣(35)が本田の胸ぐらをつかむ事態が勃発しチーム崩壊寸前にまでなった教訓を生かし、長谷部誠(34)や長友がたくみにチーム内をまとめています。そのプラス効果か、中堅の原口も、はっきりと意見を言うようになった」(サッカージャーナリスト)

 さらに本田に似たプレースタイルの宇佐美に対しても同様の注文が飛び交ったが‥‥。

「宇佐美は西野監督の愛弟子で、局面打開の個人技とシュート力を誇るものの、スプリント力や守備のポジショニングに課題を抱え、本田に似て協調性に欠け、攻守のバランスを崩しかねない」(テレビ局中継スタッフ)

 もはや本田や宇佐美のような唯我独尊の選手は歓迎されないのだ。そして、本田のチーム内孤立の決定打となったのは、長友の11日のオーストリア合宿でのひと言だった。

「(本田と)話をした。彼もパフォーマンスを上げないといけない。もっと走り、ミスも減らして得点に絡まないと、チームは勝てない」

 これが現在の代表チームの総意なのだという。

「この発言で長友との間に亀裂が入ったわけではないが、戦術の方向性はまったく違う。そもそも、長友という選手はチーム内の空気を読むのがうまく、その時のチームの主流というか、体制側に立つことに長けた選手。つまり、本田が志向する、タメを作って時間をかけて相手を崩すパスサッカーが、今の日本代表とマッチしておらず、選手全員連動して攻撃も守備もする、運動量の多いサッカーを歓迎するチームのムードに乗っかってのコメントだった。理想を追っているのは本田だけになってしまった。そのギャップから、若手選手がどっちらけになってしまうのも無理のないことでしょう」(サッカージャーナリスト)

 だが、西野監督は、本田の積極的な起用を示唆。前回のブラジル大会と同じ轍を踏まないことを祈るばかりだが‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
2
前巨人・山口俊「キャンプインなのに自主トレ」不可解行動で浮上した「スキャンダル暴露封じ」
3
「スシロー」悪質ナメナメ騒動で発覚した「醤油マズイ問題」の対処現場
4
田原俊彦が思わず口走ったジャニー喜多川氏への本音「ジャニーさん、何も考えてないよ」
5
歴史発見!親の仇・織田信長をうならせた…今川義元の子・氏真「名人級の技」