芸能

「水曜日のダウンタウン」、警視庁が厳重注意した芸人連れ去り企画に非難の嵐!

 むしろあの問題企画の第2弾をやろうというほうがおかしな話?

 人気バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の番組関係者が警視庁から事情聴取を受けていたことがわかった。警視庁によれば、5月22日、東京・渋谷区恵比寿の路上で「男の人が車で連れ去られた」と、110番通報が相次いでいたといい、警視庁が誘拐の疑いで捜査したところ、その時に目撃された車は同番組が使用していたことが発覚。「誘拐ではないか」と誤解を招いたのは、番組でも第2弾の放送を告知していた、自分の身代わりを見つけると鉄格子の檻から脱出できるという「監禁ドッキリ企画」と見られており、お笑い芸人を路上で連れ去る撮影をしていたところ、目撃者が110番通報したとのこと。警視庁は混乱を招いたとして同番組関係者に厳重注意をしたという。

「5月30日に第一弾が放送された同企画ですが、第一弾では最初のターゲットとなったコロコロチキチキペッパーズのナダルが、男たちに突如ロケバスに連行されるシーンが冒頭で放送されていましたが、その部分のくだりが誘拐と勘違いされてしまったのでしょう。その時のナダルも突然のことに『何すか?』と叫び、プチパニック状態になっていましたし、それを目撃した人がいたとしたら、110番通報されるのも仕方ないことでしょう。13日に放送された同番組では、今回通報があったドッキリ企画をさらに20日に放送する予定であることを予告していましたが、18日になって番組公式ツイッターでは急きょ違う企画の放送を予告し、番組ファンの間では何が起こったか話題になっていました。今回の出来事を聞いて事情はわかりましたし、放送差し替えも納得ですね」(エンタメ誌ライター)

 ただ、世間の人々からは「そりゃ当たり前だよ」という声や、「看護師の誘拐事件があった後だと、連れ去るくだりは絶対に笑えない」と、最近実際に起きた凄惨な事件に触れての批判。そして、「そもそも第一弾も見ていて、気分は悪かったし、放送されなくてよかった」など、誘拐と勘違いされてしまったことは十分考えられることで、放送中止も妥当という声が見受けられている。

「誘拐の部分に限らず、第1弾企画ではドッキリのターゲットとなってしまったお笑いコンビ『マテンロウ』の大トニーが『何がおもしれえんだよ、若手芸人使ってよ』『おーい、偉れぇヤツよ、出てきて説明しろよ!』とブチ切れるなど、芸人たちを鉄格子に監禁するという内容も、バラエティの域を超えていると賛否がわかれていました。あまりに過激な企画ですから、今回の事実が発覚する前から視聴者からクレームが殺到して第2弾の放送が中止になったと予想されていたぐらいです。だから、放送が中止となり、むしろ安堵する人も多かったようですね」(前出・エンタメ誌ライター)

 今回の番組で、救いと言えるのは、誘拐行為を目撃した際、しっかり通報してくれる人々が多数いたことがわかったことぐらいか──。

(本多ヒロシ/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
2
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
3
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白