芸能

「水曜日のダウンタウン」、警視庁が厳重注意した芸人連れ去り企画に非難の嵐!

 むしろあの問題企画の第2弾をやろうというほうがおかしな話?

 人気バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の番組関係者が警視庁から事情聴取を受けていたことがわかった。警視庁によれば、5月22日、東京・渋谷区恵比寿の路上で「男の人が車で連れ去られた」と、110番通報が相次いでいたといい、警視庁が誘拐の疑いで捜査したところ、その時に目撃された車は同番組が使用していたことが発覚。「誘拐ではないか」と誤解を招いたのは、番組でも第2弾の放送を告知していた、自分の身代わりを見つけると鉄格子の檻から脱出できるという「監禁ドッキリ企画」と見られており、お笑い芸人を路上で連れ去る撮影をしていたところ、目撃者が110番通報したとのこと。警視庁は混乱を招いたとして同番組関係者に厳重注意をしたという。

「5月30日に第一弾が放送された同企画ですが、第一弾では最初のターゲットとなったコロコロチキチキペッパーズのナダルが、男たちに突如ロケバスに連行されるシーンが冒頭で放送されていましたが、その部分のくだりが誘拐と勘違いされてしまったのでしょう。その時のナダルも突然のことに『何すか?』と叫び、プチパニック状態になっていましたし、それを目撃した人がいたとしたら、110番通報されるのも仕方ないことでしょう。13日に放送された同番組では、今回通報があったドッキリ企画をさらに20日に放送する予定であることを予告していましたが、18日になって番組公式ツイッターでは急きょ違う企画の放送を予告し、番組ファンの間では何が起こったか話題になっていました。今回の出来事を聞いて事情はわかりましたし、放送差し替えも納得ですね」(エンタメ誌ライター)

 ただ、世間の人々からは「そりゃ当たり前だよ」という声や、「看護師の誘拐事件があった後だと、連れ去るくだりは絶対に笑えない」と、最近実際に起きた凄惨な事件に触れての批判。そして、「そもそも第一弾も見ていて、気分は悪かったし、放送されなくてよかった」など、誘拐と勘違いされてしまったことは十分考えられることで、放送中止も妥当という声が見受けられている。

「誘拐の部分に限らず、第1弾企画ではドッキリのターゲットとなってしまったお笑いコンビ『マテンロウ』の大トニーが『何がおもしれえんだよ、若手芸人使ってよ』『おーい、偉れぇヤツよ、出てきて説明しろよ!』とブチ切れるなど、芸人たちを鉄格子に監禁するという内容も、バラエティの域を超えていると賛否がわかれていました。あまりに過激な企画ですから、今回の事実が発覚する前から視聴者からクレームが殺到して第2弾の放送が中止になったと予想されていたぐらいです。だから、放送が中止となり、むしろ安堵する人も多かったようですね」(前出・エンタメ誌ライター)

 今回の番組で、救いと言えるのは、誘拐行為を目撃した際、しっかり通報してくれる人々が多数いたことがわかったことぐらいか──。

(本多ヒロシ/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる