スポーツ

西野ジャパン、決勝T進出を阻む“もう一つの難敵”は「テロを巡る二次被害」!

 日本のグループステージ突破を阻む難敵は、ポーランドではなく、ロシアの“当局”のようだ。

 サッカーW杯ロシア大会で、グループステージ突破、決勝トーナメント進出に向け、日本代表が調整のためにカザンに到着したのは、6月26日。大会中は同地を拠点と決めていたので、「セネガルとの第2戦を戦ったエカテリンブルクから戻った」と言うべきかもしれないが、移動時間は距離にして約950キロ、バス移動で12時間ほどと言われる。それが、今回は、15時間近くもかかってしまったという。

「警備隊による検問、検問、また検問、ですよ…。試合会場地が近くほど警備も厳しくなっていったそうです」(関係者)

 ロシアはテロ被害の多い国でもある。今大会の試合会場と一つとなっているサンクトペテルブルクでは、昨年4月、大規模な地下鉄爆破事件も起きている。政府、警察当局は万が一のことがあれば、世界的に恥をさらすことになると、検問警備を徹底していた。

「一般市民が利用するバスをいきなり止めて、警察官が入ってきて、パスポートや身分証を一人ずつ確認して回るんです。自動車に対しても同様で、観光客がたむろしているような店先にもつかつかと近づいてきて、パスポートのチェックですよ」(特派記者)

 さすがに代表選手のバスには乗り込んでくることはないというが、その厳しい検問で道路は渋滞となり、その影響で選手の移動バスも動けなくなってしまったのだ。前出の特派記者によれば、検問中の警察官は話し掛けても無視、愛想良く振る舞ってもマユ一つ動かさないそうだ。

 移動の長時間化で、日本の選手たちはちょっとお疲れ気味。もし、ポーランド戦に影響が出たら、“テロ”の間接的な被害と言えるかもしれない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?