スポーツ

どうせ謝るなら全身で謝れ!片山晋呉のヘンすぎる髪型にクレーム殺到

 何もかもが中途半端?

 5月30日に行われた「日本ツアー選手権森ビル杯」のプロアマ戦で、招待客に不適切な対応をしたことで出場自粛、制裁金30万円の処分が下されてしまったプロゴルファーの片山晋呉。騒動直後、各方面から片山の素行の悪さなどを告発や噂などがあふれ出し、世間では「日本一の嫌われゴルファー」の印象すら植え付けられてしまった感じ。

 そんな片山が汚名返上を目指して(?)、去る6月27日、青木功氏と石川遼選手会長らとともに謝罪会見を開いてはみたものの、会見での言動などが“火に油を注いで”しまったのだとか。

「もともと、スポンサーの機嫌を損ねただけの問題だけに、一般への謝罪会見は必要ないのでは?という声も多かった。確かに一理ありますが、男子ゴルフ界では今回の騒動で大きなイメージダウンを負っただけに、謝罪会見を開きたかったのでしょう。それでも、おざなりのお辞儀から始まり、45歳で永久シードを獲得しているトッププロの片山が『きちんとプロアマとはこういうものだということを教わらずに今まで来てしまったということはあった』と、記者団も首を傾げるような言い訳をしていたのが、さらに印象が悪くしたかもしれませんね。プロアマ戦での男子プロの対応の悪さは以前から問題になっていましたし、『知らなかった』は通用しないと思います」(週刊誌記者)

 記者の心配はあっさり的中し、片山のコメントはさっそく炎上。加えて、普段あまりゴルフを見ない人たちから、ある失笑が巻き起こっているという。

「片山のヘアスタイルが話題ですね。片山といえばプレー中のテンガロンハットなどが有名ですが、会見では前頭部から右奥にかけて生え際ラインをあえて斜めに切り込んだエキセントリックな髪型で登場。オイルで整えた髪の毛は盛りつけたツケメンのように波状に流していました。このヘアスタイルを見た人たちが『髪型に目が行きすぎて謝罪が耳に入ってこない』『どうせ謝るなら丸刈りにするとか考えなかったの?』『髪型も自粛しろ!』など、冗談ノリも含めて、クレームが殺到しています。要は、反省してるのかしてないのか中途半端というわけでしょう」(前出・週刊誌記者)

 本人も、なぜ自分が謝まらなければならないのか納得できていなかったのかも。謝罪会見は完全に「アマチュア対応」だった?

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人