芸能

西郷輝彦、深作監督に挨拶したら「アテにしてないよ」

 深作欣二は群像劇の名手であり、リアリティを追求する監督である。そのため、撮影初日に聞いた萬屋の「大仰なセリフ回し」に面食らう。

 そもそも新感覚の時代劇とするため、出演の多くは現代劇を中心としていた。千葉真一、金子信雄、高橋悦史、芦田伸介、そして西郷もその1人。

 深作は、萬屋のセリフ回しにこんな注文をした。

「錦之介さん、もうちょっと現代劇に近づけるやり方はないでしょうか」

 萬屋は微動だにせず、言い放つ。

「ほかの方のことは知りません。私はこれでやらせていただきます」

 主演俳優と監督の“不協和音”に、現場は一瞬にして凍りつく。これに観念したのか深作は、それ以上は萬屋の芝居に言及することはなかった。むしろ、どういう形で「萬屋錦之介」を生かすかに采配を切り換えている。

 その端緒となったのが、映画の宣伝に使われたコピーである。東映の宣伝部にいた関根忠郎が「生涯で3本の指に入る」とした名句がこれだ。

〈我わしにつくも、敵にまわるも、心して決めい!〉

 権力志向の象徴である柳生但馬守をみごとに表している。実はこの言葉は映画の脚本にはなかったが、当の萬屋がコピーを気に入り、関根の依頼に応じて予告編とCMスポット用にセリフ入りの映像を撮らせてくれた。そのため、劇場では決めセリフで登場すると思っていた観客から「なかったじゃないか!」と抗議される一幕もあったという。

 関根は、かつて撮影所で見た深作から、こんなコピーも思いついている。

〈殺とれい、殺とったれい!〉

 これは「仁義なき戦い」に使われたものだが、関根の中には共通項があった。

「サクさんの演出は、カメラをのぞきながら小躍りするように前のめり。周りに『撮れい、撮ったれい!』と叫んでいるような錯覚がありました。じゃあ、これを『殺れい!』に換えていただいちゃおうと」

 関根が萬屋の役どころや深作の演出姿勢からコピーをこしらえたように、深作もまた、個々の役者によっての演出をする。例えば初顔合わせの西郷は、こんな印象を持った。

「挨拶したら深作さんは『お前さんなんかアテにしていないよ』って顔をしてらっしゃる。それでも、これだけすごい顔ぶれに加わり、深作さんの演出ってだけでうれしかった」

 同じ京都撮影所であっても、テレビでは使えない豪華な衣装やセット、小道具の数々が惜しげもなく開放される。これが東映時代劇の底力かと西郷は思った。

 劇中の忠長は、但馬守と家光の陰謀により、自害を命ぜられる。切腹の直前こそ、自分にとって大事な見せ場だと思った。

「但馬守にことづてるセリフが『兄上もかわいそうなお方だと、忠長が申していたとお伝えくだされ』でした。このセリフを、笑って口にすることで無念さを表現しようと思いました」

 出番が終わり、撮影所長の高岩淡からお礼の電話が入った。

「ありがとう! 監督もあの演技はよかったと言ってたよ!」

 西郷の好演は、すかさず次の機会につながった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…