芸能

西郷輝彦さん、「ダウンタウンなう」で初共演を果たした娘・辺見えみりの親孝行

 2月20日、俳優の西郷輝彦さんが、前立腺がんのため都内の病院で死去した。享年75歳。

 西郷さんといえば、前妻の歌手・辺見マリとの間に生まれた娘・辺見えみりがいるが、西郷さんとマリが1981年に離婚したことで父娘は離れ離れに暮らすことに。そんな中、2人は2018年6月に「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で初共演を果たし話題を呼んでいた。

 その席では松本人志から親子の共演について「嫌なもんですか?お父さん的には」と聞かれ西郷さんが「そうですねぇ…」と言葉を濁していると、えみりのほうが「嫌だったから共演してこなかったんです!」とキッパリと答え笑いを誘っていたが、続けて、「私も41歳になったので…なんかいいじゃんと。おたがい思い出のために、せっかく同じ仕事をしているんだったら楽しいものをしたいねっていうことで…」と、共演を決めた理由を明かしていた。

「えみりが4歳の頃に西郷さんが離婚していたことから、子供の頃は顔もわからなかったとのことですが、放送時はすでに西郷さんとマリ、えみりの3人で会うこともあるといい、えみりは、『みんな仲良くはできないかもしれないけど、人生の最期に向かってわだかまりがないほうがいいかなと』と、元夫婦が会えるようにセッティングしたことを明かしていましたね。話の流れを聞く限り、この時の共演もえみりが率先して動いた可能性が高く、時期としては前年、17年11月に西郷さんの前立腺がんが再発した直後。憶測ではありますが、この時、えみりは何が起きてもいいように、娘としてできる限りのことはしておこうと決めていたのかもしれません」(芸能ライター)

 西郷さん自身、早すぎる死は無念だっただろうが、親孝行者に育った娘の存在は救いだったかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?