芸能

土壇場で中止!?「半沢直樹」の続編が作られない恐るべき理由とは

 7月24日、劇場アニメ「この世界の片隅に」の製作委員会が、同名のTBSドラマに対し、「ドラマの内容・表現等につき、映画に関する設定の提供を含め、一切関知しておりません」と異例の声明を発表し、物議を醸している。

「ドラマでは、劇場アニメと類似した演出方法を多数行っており、エンドロールにも、製作委員会をスペシャルサンクスと表記していました。しかし今回、無許可だったことが発覚し批判が殺到しています。また視聴率もTBSの日曜9時台にしては、ギリギリ2ケタと伸び悩み気味。一部ドラマファンからは『日9では朝ドラみたいな作品より、池井戸潤原作の男臭いドラマが見たい!』との声もあがっています」(テレビ誌記者)

 池井戸作品といえば、かつて堺雅人主演の「半沢直樹」(TBS系)が、視聴率40%を超える大ヒットを記録。今でも多くのファンが続編を希望しているが、主演を務めた堺のスケジュールの都合や、「役のイメージがつくのが好ましくない」との理由で、首を縦に振らなかったと一部で放送されてきた。

 しかし7月26日発売の「週刊新潮」によると、もっと大きな問題が続編制作を阻んでいるというのだ。

「新潮の取材によると、続編は決まりかけていたにもかかわらず、土壇場でひっくり返ったようです。なんでも他局でタモリが出演している時間帯に、TBSが力を入れた企画を放送したことで、タモリや堺の事務所社長であり、芸能界のドンと呼ばれる田邊昭知氏の機嫌を損ねてしまったとのこと。彼は、先日話題となったタモリの不貞報道や、有吉弘行と夏目三久アナの熱愛も握りつぶしてきているそうで、業界では誰も逆らえないようです」(芸能記者)

「半沢直樹」は、池井戸ドラマの中でも特に人気が高い作品なだけに、何とか両者に和解してほしいものだが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大きさに戸惑う声も!藤田ニコル、「背泳ぎプカプカ」バスト動画が艶すぎるッ
2
高岡早紀、胸縮小疑惑はフェイク?ふっくらバストショットを大胆披露
3
石原さとみ、「お団子ヘア」が発端で浮上した「脱毛に関する疑惑」
4
アンダーウェアで外出か!?男子を騒然とさせたマギーのデート写真
5
「帰れ!」巨人・原監督が坂本勇人に激怒した“1打席で強制帰宅”の裏