芸能

土壇場で中止!?「半沢直樹」の続編が作られない恐るべき理由とは

 7月24日、劇場アニメ「この世界の片隅に」の製作委員会が、同名のTBSドラマに対し、「ドラマの内容・表現等につき、映画に関する設定の提供を含め、一切関知しておりません」と異例の声明を発表し、物議を醸している。

「ドラマでは、劇場アニメと類似した演出方法を多数行っており、エンドロールにも、製作委員会をスペシャルサンクスと表記していました。しかし今回、無許可だったことが発覚し批判が殺到しています。また視聴率もTBSの日曜9時台にしては、ギリギリ2ケタと伸び悩み気味。一部ドラマファンからは『日9では朝ドラみたいな作品より、池井戸潤原作の男臭いドラマが見たい!』との声もあがっています」(テレビ誌記者)

 池井戸作品といえば、かつて堺雅人主演の「半沢直樹」(TBS系)が、視聴率40%を超える大ヒットを記録。今でも多くのファンが続編を希望しているが、主演を務めた堺のスケジュールの都合や、「役のイメージがつくのが好ましくない」との理由で、首を縦に振らなかったと一部で放送されてきた。

 しかし7月26日発売の「週刊新潮」によると、もっと大きな問題が続編制作を阻んでいるというのだ。

「新潮の取材によると、続編は決まりかけていたにもかかわらず、土壇場でひっくり返ったようです。なんでも他局でタモリが出演している時間帯に、TBSが力を入れた企画を放送したことで、タモリや堺の事務所社長であり、芸能界のドンと呼ばれる田邊昭知氏の機嫌を損ねてしまったとのこと。彼は、先日話題となったタモリの不貞報道や、有吉弘行と夏目三久アナの熱愛も握りつぶしてきているそうで、業界では誰も逆らえないようです」(芸能記者)

「半沢直樹」は、池井戸ドラマの中でも特に人気が高い作品なだけに、何とか両者に和解してほしいものだが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」