芸能

イケメン&クズ!?「明石家さんま役」巡り際立った2人の俳優“人間力”の差

 1つの作品の1つのキャストを演じた俳優2人の評価がみごとなまでに対照的に別れてしまったようだ。

 Netflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」の完成披露試写会が都内で行われたのは去る7月9日。同作は明石家さんまが初プロデュースした連続ドラマで、1980年代の大阪を舞台に、さんまに見出されたジミー大西が、成長していく姿を描いたコメディ作品だ。

 そして、同作といえば昨年7月に配信予定だったが、当初、さんま役を演じていた小出恵介が未成年女性との飲酒・淫行問題で降板。玉山鉄二が代役となって撮り直し、1年かけて再編集され、ようやく配信スタートを迎えている。

 この日のイベントにはさんまも登場。本当は最初に玉山に自身の役のオファーをしていたが、断られていたという裏話を披露。一方、玉山は自分にさんま役は荷が重いという理由で断っていたことを説明。ところが、小出の不祥事により撮り直しになったことを受け、玉山は「オレの責任。オレが引き受けていればこんなことにならなかった」と話し、代役のオファーを快諾したとのこと。この玉山の男気対応にはさんまも「かっこいいですよ~」と絶賛していた。

 当然、このエピソードが明らかになり、玉山の世間の評価もうなぎのぼりとなったが、一方の小出の近況は、あまりいい話を聞かない。

「小出は6月に所属事務所との専属契約を終了するも、事務所退所の際の書面には『またいつの日か、一表現者として、皆様の前に姿をお見せすることができればと思っております』と本人は挨拶していますから、活動を再開させたいという意思はあるでしょう。しかし、当然その書面には被害者へのお詫びの文書も記載されていたものの、最近は酒の席で『すべてあいつのせい』『あの女、ぶち殺してえ』と被害者女性への暴言を吐いていたという情報も流れていたりと、本人に反省の色はなさそう。真摯に反省しないことにはまた同様の騒動を起こしてしまう可能性も高いでしょうから、復帰はまだまだ先でしょう」(エンタメ誌ライター)

 ネット上では「玉山はマジでイケメン、小出はガチのクズ」といった声が上がっていたりと、その評価は雲泥の差。とりあえず、小出は自身がハメられたという意識を捨て、罪を償うことから始めるべきだろう。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声
2
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(1)成長しないクラブ遊びと女王癖
3
沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
「少年寅次郎」“寅さんの母親”を演じた井上真央に大絶賛!感涙の声続々