芸能

剛力彩芽、インスタ全削除からのラブラブ写真投稿に見え隠れする“悟り”

 キツいことを言っているようで、実は核心を突いている!?

 サッカーW杯を現地観戦を報告したりと、SNSでファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長との交際をオープンに伝えたことで批判を受けた剛力彩芽。その後、「ファンに配慮すべき」という批判が出たタイミングでインスタの過去の投稿を削除しているが、騒動が予想以上の広がりを見せていることもあり、剛力を擁護する声が目立つようになってきた。そんな最中の7月24日、この日放送された情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)では、この話題を取り上げると、社会学者の古市憲寿氏がなかなか攻めた発言をして注目を集めている。

「剛力さんに熱心なファンっていたんですか?」

 そもそも、剛力に熱心なファンはいなかったのでは? という、剛力としては耳を塞ぎたくなる毒舌の古市氏らしいドぎつい一言だ。

ただ、この古市氏の一言は完全に間違っているというわけではなさそうだ。

「女優業が振るわず、歌手活動に専念することを発表した時期もありましたが、歌手活動もパッとせず、気付けばあっさり女優業に復帰するなど、中途半端かつ“事務所のゴリ押し”なんてイメージがついていた剛力。レギュラー出演する番組は『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)と、所属事務所のタレントたちが集まる『オスカル!はなきんリサーチ』(テレビ朝日系)のみで、すっかりゴールデン帯のドラマへの出演も見られなくなっていましたから、人気が下降気味であったのは確か。そして、今回のイチャイチャアピールで剛力の根強いファンがさらに減ったことは間違いないでしょう。本当に売れっ子であれば、所属事務所は“25歳まで恋愛禁止”という暗黙のルールがあるとも言われていますし、本当の売れっ子女優であれば、年齢に限らずここまでのイチャイチャアピールを許すはずがありません。同じことを武井咲が結婚前にやっていたら注意されていたでしょう」(エンタメ誌ライター)

 とはいえ、今回の騒動は剛力にとっては気の毒とも思える。ただ、そんな剛力だからこそ、今回の騒動はマイナスよりもプラス効果のほうが大きいという。

「今回こうして擁護され、悲劇のヒロインになったことで逆に好感度も上がるチャンスでもありますし、仮に炎上したとしても一時的に話題になれるのですから、最近これといって目立っていない剛力にはプラスに働くでしょう。その証拠に過去の投稿削除後の“新・剛力彩芽”の一発目のインスタ投稿は前澤氏が撮影した自身の写真ですから、正直、過去の写真を消した意味を図りかねるアンチを煽るような内容かつ、擁護派が望むような、開き直って交際をさらにオープンにしていくスタイルです。本当に熱心なファンを想っていればこのようなことはしないでしょうから、剛力本人も熱心なファンはいないと見切っているのかもしれませんね」(前出・エンタメ誌ライター)

 しかし、ただ一つ心配なのは一歩先の未来。仮に前澤氏と破局するようなことがあれば、売り出し方が難しくなるのは一目瞭然。幸せな日々が長く続くことを祈っている。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
2
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
3
女子アナ「仁義なき契約更改」(1)NHK・桑子真帆は「NHKの顔」に返り咲き
4
太川陽介は「バス旅Z」を観ていない!?衝撃発言の理由
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)