スポーツ

清宮の二軍生活がオフの助っ人市場に影響!トラが「本命獲得」へ

 日本ハム・清宮幸太郎の長い二軍生活が「トラの大型補強」にも影響しそうだ。

「清宮の一軍昇格が決まらないのは、一塁・中田、左翼・近藤、指名打者・アルシアが好調だからです。中田のトレード補強を阪神が狙っているなんて情報も聞かれますが」(スポーツ紙記者)

 中田翔と清宮はポジションが重複する。日本ハムは重複する選手を持つのを嫌う。また、年齢的にも上積みが期待できないことから「中田放出論」が出たのだが、そうではないようだ。トラの本命が動くかもしれない。

「レアードの契約が今季で終了します。近年、阪神が外国人選手で失敗していますが、渉外担当者に言うのは、レアードを指して『ああいうのが欲しいんだよ』なんです」(関係者)

 日ハムの三塁手・レアードは2016年に本塁打王のタイトルを獲得し、昨季までの来日3年間、すべて30本塁打以上を放っている。しかし、年俸は推定2億5000万円。残留交渉となれば、「3億円スタート」は必至で、チーム総年俸約24億円の日本ハムからすれば、「今季以上は払いたくない」というのがホンネだろう。

「清宮が二度目の二軍降格を告げられた時、栗山監督は『課題が見えてきた』と、暗に守備で鍛え直す必要性があることを示唆していました。レアードを見送るとなれば、三塁が空き、三塁経験者の中田、あるいは清宮を挑戦させる選択肢も出てきます」(前出・関係者)

 阪神は新4番の陽川を育てつつある。こちらも「守備に難アリ」で、三塁を守らせるよりは一塁か外野で固定させたい。清宮の二軍生活が長引けば、栗山監督も悩む。トラはロサリオを切って、本命獲得に動き出す──。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント