芸能

新垣結衣・波瑠・桐谷美玲 3大ドラマ女優の知られざる「共通点」

 新垣結衣(30)、波瑠(27)、桐谷美玲(28)‥‥いずれ劣らぬ美貌を誇る女優たちである。さて、この3人に共通点? 実は本業で評価を高めていった一方、同じ「過ち」を経験させられていたのだった。

 ズバリ言おう。3大ドラマ女優に共通する「暗黒歴史」は「CDデビュー」の過去である。事情を知る民放局関係者が言う。

「いずれもファンの間で『ヘタすぎる』と失笑を買っていますが、中でも徹底して『なかったこと』にしているのがガッキーです」

 実は新垣、07年にアルバム「そら」でCDデビューして以降、アルバムとシングル合わせて7枚もリリース。ところが10年を最後に歌手活動をパッタリと中断、その後、歌手活動について言及することはなくなってしまった。

「ガッキーが歌をやめたのは、ある事件がきっかけと言われているんです。当時、彼女はネットの『まとめサイト』にハマっていたのですが、そこで見つけたのが〈音痴すぎる女優の曲まとめ〉。木村佳乃が98年にリリースした『イルカの夏』など、伝説的に音痴な曲とともに自分の曲がリストアップされていて、ショックを受けたんですよ」(民放局関係者)

 以降、新垣はガラリと変わった。

「ドラマの打ち上げがカラオケのある場所でも『私、あんまり歌わないんです』と言って、歌うのを拒絶するようになった。CDデビューした頃は『自分の声が気に入っている』とまで言っていたのに‥‥。まったく『まとめサイト』のせいですよ」(民放局関係者)

 11年に主演映画「スノーフレーク」(スタイルジャム)の主題歌、挿入歌を収録したシングル「Sweet&Bitter」をリリースしたのは、先頃、結婚を発表したばかりの桐谷だ。

 それっきり歌手活動は行っていないが、CDデビュー時、彼女は必死の抵抗を見せたという。

 音楽関係者が語る。

「あれだけかたくなに歌いたがらない人は、見たことがなかった。『音痴だから歌いたくない』とハッキリ言っていましたし、『私なんかが歌ったらプロの歌手に悪いから!』と殊勝な理由も付けて拒んでいた。結局、事務所の人に『自分の主演映画なんだから』と説得されてCDデビューすることになりましたが、本当に恥ずかしそうでしたね。もっとも、歌唱力は世間で言われているほど悪くなく、『名プロデューサーが付けば歌手としても化ける』と、業界内ではもっぱらの評判でした。本人が絶対に歌いたがらないので、歌手復帰する可能性は皆無でしょうが‥‥」

 さて、波瑠もモデル時代の08年に「I MISS YOU/Message~明日の僕へ~」でCDデビューを果たしていた。先の音楽関係者が証言する。

「桐谷とは正反対でした。当時の彼女は芸能界で売れることに躍起となっていて、CDデビューに大喜びしていました。発売記念イベントで『幅広い年齢の人に愛される歌手になります!』なんて言っていましたが、結局、1枚限り。噂では、女優としてブレイク後、新曲を出す話が持ち上がったようなのですが、彼女サイドが断ったと聞きました」

 よほど懲りたのか、今ではCMで鼻歌を披露するのもためらうほどだというのだ。

「彼女が16年に『24時間テレビ』(日本テレビ系)のパーソナリティーを務めた際、番組内で歌う『負けないで』の音程がズレていると業界内で話題になったほど、彼女の音感は危ういんです。本人もそれを自覚して、歌う仕事を避けています」(民放局関係者)

 人気女優といえど、歌手の演技はうまくいかなかったようである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…