芸能

みやぞんの24時間マラソンに黄信号!原因は野球少年だったから!?

 8月25~26日に放送される「24時間テレビ」(日本テレビ系)にてチャリティランナーに起用されたANZEN漫才のみやぞんが、練習の様子を公開した。8月10日に放送された「ZIP!」(同)では、前日の9日に神奈川県大磯町で長距離走の練習にいそしむみやぞんの姿を特集。トレードマークのリーゼントではなく、サンバイザーからサラサラヘアをたなびかせながら、約5時間かけて30キロを走破したという。

 そのみやぞんはスポーツ万能で知られ、中学では軟式テニスで東京都の足立区大会で2位に。高校では野球に打ち込み、130キロの速球とキレのある変化球を武器に「エースで4番」を務めていたという。だがその華麗なる実績が、今回のチャリティマラソンに暗雲をもたらしているというのである、スポーツ系のライターが指摘する。

「みやぞんは今回の練習中、『左足のひざの皿の横がアイスピックで突かれたように痛い』と訴えていました。膝の痛みには様々な原因がありますが、典型的なのはランナーひざとも呼ばれる『腸脛靱帯炎』。これは大腿部の外側に沿う筋肉が靱帯で脛骨に繋がっており、その靱帯と膝の骨がこすれることで炎症が起きるものです。発生要因には過度の練習などオーバーユースが多いものの、実は走り方もひとつの原因に。野球では内また気味にダッシュすることが多く、その走り方だと『腸脛靱帯炎』になりやすいと言われています。みやぞんは高校野球に真剣に取り組んでいましたから、内また気味に走るクセがついてしまっている恐れがありますね」

 そんな走り方の不安に加えて、みやぞんには野球に起因するもうひとつの不安もあるというのだ。スポーツ系のライターが続ける。

「投手として高く評価されていたみやぞんですが、高三の夏を直前にして腰を痛めてしまい、フルスイング後には走れなくなるほどボロボロの状態だったそうです。若いころに痛めた箇所は、のちのち古傷として痛むことが珍しくありません。普段の生活では問題がなくても、トライアスロンのように肉体を極限まで酷使する状況では、高校時に痛めた腰がふたたびパンクする恐れもあります。さすがのみやぞんでもヒザと腰のダブルパンチでは、最悪の場合、途中で断念せざるを得ないケースも出てくるでしょう」

 みやぞんのたぐいまれなるフィジカルを見込んでのトライアスロンだったが、そんな制作側の判断が裏目に出ないことを祈りたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!