スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「昨年3着ナスノセイカンの一発」

 早いもので夏のローカル競馬は今週でフィナーレ。新潟は新潟記念、小倉は小倉2歳Sがメインだ。

 伝統ある新潟記念はハンデ戦。夏競馬の掉尾を飾るにふさわしく、毎年、熱のこもった見応えある激しい競馬が繰り返されている。

 今年も多彩な顔ぶれ。それでいてハンデ戦とあっては、馬券的にもおもしろくなるだろう。

 上がり馬のグリュイエール、ここが復帰戦になる好素材セダブリランテス、これまた将来が楽しみなブラストワンピース、そしてメートルダールに“マイネル軍団”のハニーとミラノ。このあたりが人気、有力候補だろうか。

 しかし、本来なら大本命になるであろうセダブリランテスは骨折明け。ブラストワンピースも530キロを超す大型馬だけに、ダービー以来の実戦が気になるところだ。まずは簡単に決まるまい。

 データをひもといてみよう。この重賞に馬単が導入されて以降、これまでの16年間、その馬単で万馬券になったのは半数の8回(馬連では6回)。この間、1番人気馬はわずか1勝(2着5回)、2番人気馬は3勝(2着1回)。これだけ見ても、波乱含みの一戦であることがわかる。

 年齢では最も充実期にある5歳馬が圧倒的に連対しており、過去16年で7勝(2着8回)。続くのは上り坂の4歳馬だが、7歳馬(3勝、2着2回)の健闘も目立ち、ピークを過ぎたと軽く見るのは禁物だ。

 難解で悩むところだが、穴党として期待を寄せてみたいのは、ナスノセイカンだ。

 デビュー当時、将来を期待されていたが、なかなか芽が出ず。14戦目で500万下を勝ち上がったあと、いったん軌道に乗ったかに見えたが、オープン入り後は脚部不安があったりで、壁を突き破れないでいる。

 ただ、ここ何戦かを見ると、ようやくスランプを脱したのでは、と思えてくる。前2走は函館でのもの。巴賞(7着)は道悪がこたえたようだし、函館記念(9着)はコースロスや不利を被ったりしていた。それでも着順ほど悪い内容ではなかった。勝ち馬との差がコンマ3秒とコンマ7秒であれば、挽回可能だ。

 ということで、この中間の状態に注目していたが、思っていたとおり、稽古の動きなどはグーンとよくなってきている。馬体も張りがあって好気配。1週前の追い切りも実にリズミカルだった。ここ何走かでは最もいい仕上がり状態に達しているのではないか。

 今回は実績ある左回りで、相性のいい新潟に舞台が替わる。昨年の新潟記念ではコンマ2秒差の3着だったが、前走の函館記念が55キロの斤量を背負って9着だったことを思うと、それ以下のハンデということもありえる。

「左回りはスムーズ。望みは持っていますよ」

 控えめながらも矢野調教師は、こうヤル気のほどをチラつかせる。

 桜花賞馬ナスノカオリが4代母という良血。良馬場なら“一発”があって不思議ない。

 小倉2歳Sは、キャリア1、2戦の若駒に順序はつけづらいが、素質馬は多く、ここも難しい一戦だ。

 それでも大きく狙ってみたいのは、ブルベアオーロだ。走破時計もレース内容も派手ではなかったが、それでも前走のデビュー戦は、センスのよさを感じさせるものだった。逃げ粘る2着馬を最速の上がりであっさりととらえたもので、2着と3着の差は7馬身もあった。

 牡馬にしては小柄だが、均斉の取れた好馬体の持ち主。素質はかなりのものと言っていいだろう。混戦に断を下すのは、こいつだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”