芸能

競技者団体も問題視!車いすアイドルに「パラスポーツへの偏見」ぶつけた記者

 2020年に開催される東京パラリンピックに水を差すような発言だ。今年4月に不運な事故に遭い、車いす生活となったアイドル・猪狩ともかの復帰会見が8月26日、所属グループ「仮面女子」の専用劇場にて行われた。猪狩はアイドル活動を続けるほか、9月9日にはプロ野球の始球式を務めることも発表。今後は作詞やパラスポーツに挑戦することも表明した。

 ところがその復帰会見の場で、ある記者が「パラスポーツには競技によっては、えらくレベルの低い競技がいっぱいありますから」と発言。困惑する猪狩に対して、「競技人口が少ないとかね」と続け、パラスポーツに対する無理解と偏見をさらけ出したのである。

「この発言がメディアで報じられると批判が殺到。日本パラリンピアンズ協会(PAJ)は公式ツイッターにて『どの大会のどの競技を見て「レベルが低い」と感じたのか、発言者に真意を尋ねてみたいですね』との疑問を呈しました。PAJはパラスポーツの日本代表選手・元選手による選手会であり、この団体が公式アカウントで声をあげたことには相当に重い意味があります。今からでも当該記者は謝罪を表明するべきではないでしょうか」(スポーツ系ライター)

 そのような愚かしい発言があった一方で、アイドルファンの間では猪狩を巡ってこんな声があがっているという。アイドル誌のライターが語る。

「アイドル分野はいまや“何でもあり”ですから、中には車いすでパフォーマンスをするアイドルがいても何ら不思議ではありません。これまでも重度の腰痛のためイスに座って公演を務めたり、座ったままで特典会をこなすアイドルもいました。それゆえ猪狩も車いすでパフォーマンスをするという個性の持ち主になったのであり、彼女自身は2014年から続けているアイドル活動に何ら変わるところはないのです。ファンとしてはこれまでと同じようにパフォーマンスを楽しみ、特典会ではその笑顔に癒される。そんな心得をわきまえているに違いありません」

 猪狩にとっては、これからも、みずからが慣れ親しんできたアイドル業界こそが、最も居心地のいい場所であり続けるに違いない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」