芸能

競技者団体も問題視!車いすアイドルに「パラスポーツへの偏見」ぶつけた記者

 2020年に開催される東京パラリンピックに水を差すような発言だ。今年4月に不運な事故に遭い、車いす生活となったアイドル・猪狩ともかの復帰会見が8月26日、所属グループ「仮面女子」の専用劇場にて行われた。猪狩はアイドル活動を続けるほか、9月9日にはプロ野球の始球式を務めることも発表。今後は作詞やパラスポーツに挑戦することも表明した。

 ところがその復帰会見の場で、ある記者が「パラスポーツには競技によっては、えらくレベルの低い競技がいっぱいありますから」と発言。困惑する猪狩に対して、「競技人口が少ないとかね」と続け、パラスポーツに対する無理解と偏見をさらけ出したのである。

「この発言がメディアで報じられると批判が殺到。日本パラリンピアンズ協会(PAJ)は公式ツイッターにて『どの大会のどの競技を見て「レベルが低い」と感じたのか、発言者に真意を尋ねてみたいですね』との疑問を呈しました。PAJはパラスポーツの日本代表選手・元選手による選手会であり、この団体が公式アカウントで声をあげたことには相当に重い意味があります。今からでも当該記者は謝罪を表明するべきではないでしょうか」(スポーツ系ライター)

 そのような愚かしい発言があった一方で、アイドルファンの間では猪狩を巡ってこんな声があがっているという。アイドル誌のライターが語る。

「アイドル分野はいまや“何でもあり”ですから、中には車いすでパフォーマンスをするアイドルがいても何ら不思議ではありません。これまでも重度の腰痛のためイスに座って公演を務めたり、座ったままで特典会をこなすアイドルもいました。それゆえ猪狩も車いすでパフォーマンスをするという個性の持ち主になったのであり、彼女自身は2014年から続けているアイドル活動に何ら変わるところはないのです。ファンとしてはこれまでと同じようにパフォーマンスを楽しみ、特典会ではその笑顔に癒される。そんな心得をわきまえているに違いありません」

 猪狩にとっては、これからも、みずからが慣れ親しんできたアイドル業界こそが、最も居心地のいい場所であり続けるに違いない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由
2
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
3
北川景子、「家売るオンナに続編の予感」の裏で囁かれる「リアルに妊娠」説!
4
西野カナ、元マネージャーとの結婚に「禁断の恋」渇望する悶絶反響が続々!
5
羽賀研二「稀代のワル」の履歴書(1)梅宮父娘が背負わされた借金の全容!