社会

マツコVS井筒対談(2)「石原・橋下の合体許した罪の意識」

 中国問題とかって、日中の経済状態がよほどの差でもつかないかぎり、今の状態でつばぜり合いするかぎりはくすぶり続ける問題になっちゃったよね。その間、安倍みたいなのが支持され続けるとしたら本気で怖いと思う。もちろん思想は各々の勝手だけど、過去の歴史をきちんと見るにつけ、キナ臭いことに安直に乗っかっちゃったら、結果的に何もいいことはないということをもっと冷静に判断できないものかしらね。

 できないまま突入したのが、今回の結果やろな。

 それと、橋下を代表とする維新の動きがあったでしょ。あれがさらに日本国民を安倍さんに行かせてしまった流れはあるわよね。

 それは絶対にあるよ。いちばんキナ臭い橋下が戦犯やろ。有権者を不安に陥れるだけ陥れて。

 橋下の罪って意外と大きいと思う。日本国民から冷静さを奪い取ったという意味でもさ。

 石原とくっつくとか、意味不明のアホの巻やろ!

 石原と橋下といったら、ワタシが「5時に夢中」という番組で、1年間毒を吐き続けてきた2人だからね。くっついたニュースを聞いた瞬間、「そろったーッ」と思ったわ(笑)。

 大役満やろ(笑)。

 でもね、こんなことまで許してしまったんだっていう罪も同時に感じたわね。コイツらに何をやらせてるんだろうって、自分を責めたわよ(笑)。

 誰もがそういう気持ちになったな。でも、鳩山にひっかき回されて、菅で修正するのかと思ったら、あの大地震に放射能や。国民がパニくったままドサクサの中で選択を迫られて、その戦後の闇鍋みたいな中で橋下や安倍みたいなヤツがライズアップしてきたのはそんな難しい話やないぞ。

 その前の自民の最後っ屁もあったじゃない。あのバカ首相たちが‥‥。それ以来、この国にはちゃんとした政治なんて一度もなかったんだよね。

 要は、安倍の腹が痛くなって以来、俺らも日本の腹痛につきあわなあかんようになったわけやね。

 そう考えたら、むしろ頑張ってるわよ、日本は。普通に生きてるし。みんな、テメエで勝手に生きていこう! という気になってるんじゃない。もう、無政府でいいわよね。

 (夕刊紙見ながら)AV女優も「普通がイイ」って言ってるやないか!

 (夕刊紙見ながら)クンニし続けてるおじいちゃんもいるみたいよ。あの石原が立候補できるなら、このおじいちゃんが総理大臣でもいいじゃないの!

 ハハ、もう世紀末か!ところで、2012年の芸能界は何かあったか?

 ここにも「流行語」の紙が置いてあるけど、何なのコレ。もうね、ネット用語が入ってきた時点で流行語でも何でもないのよ。

 ネトウヨ、イクジイのどこが新語やねん。聞きたくも言いたくもないわ。こんなもん、どーでもエエわ。

 くだらねえ! そのひと言でいいんじゃないの!芸能界もね、ちょっと前にのりピーの復帰会見やってたけど、大物という意味ではそれぐらいかしらね。でも、あのつるし上げ方もすごかったけどね。記者会見なんかやらなきゃいいのにと思ったわよ。

 「マンモスうれピーです」と言うてたもん。冗談言えるようになったんや。

 あれも完全に言わされてたわよね。「やれないっピー」って逆らったらおもしろかったのに。

 舞台のチケットも全然売れなかったらしいね。どうにも哀れな話。

 ワタシも舞台は興味ないですけどね(笑)。

 厳しいやろ。テレビじゃ使えないし、バラエティで自虐ネタできるのは吉本の芸人だけやろしな。

 覚醒剤をやめられるのは2人に1人? なかなかやめられないって聞くしね。でもさ、色っぽくなってたわよ。イイ感じでやつれた雰囲気が出てたわ。

 シャブ期間中にグッサグサにヤリ倒したのかな。

 そうね。シャブとセックスは付き物って言いますからね(笑)。ひととおりの艶っぽいことは経験済みでしょうから艶技させたらすごいんじゃないの、監督ぅ。

 恐らくすごいやろ。俺の映画にはいらんけど。

 そお? 会ったらわかんないよ。

 そうやろか? ま、後ろからケツの突き出し具合とか見てみたいけどな。

 ケツの間ぐらい見せてくれるんじゃないの!?

 41歳か‥‥。スケベな体してるんやろね。

 そうよ。年格好的にはヤリ頃よ!

 俺みたいなオッサンには壇蜜より41歳のほうが断然、ガマン汁出るぞ。

カテゴリー: 社会, 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!