芸能

吉岡里帆「健康で文化的な」が爆死も本人の評価はなぜか上昇中!?

 吉岡里帆の主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の第9話が9月11日に放送され、前回から0.9ポイント上昇の視聴率6.5%をマークした。しかし平均視聴率は5.7%に留まっており、あと1話で平均6%台に乗せるのはほぼ絶望的となっている。

「フジテレビの火曜21時枠で平均視聴率5%台となると、昨年10月期の『明日の約束』が5.7%に沈んで以来となります。『明日の約束』では井上真央がNHK大河『花燃ゆ』以来、ほぼ2年ぶりに主役を務めたものの、結果は惨敗。井上はそれ以降の連ドラ出演がなく、もはや過去の女優になりつつあります。そして今回の吉岡も主演ドラマが2作続けて大コケしたことで、女優としての格が大きく下がってしまったともっぱらの評判。井上と同様の結果になる恐れもあるでしょう」(テレビ誌ライター)

 その吉岡に対しては「視聴率を持っていない」との声も少なくない。ただ主演女優としての価値は下がったものの、女性タレントとしての価値は決して下がっていないとの評価もあるという。芸能記者が指摘する。

「今回の『健康で文化的~』に関しては、区役所の福祉課が舞台という地味さが災いしました。この設定では誰が主演でも視聴率は期待できなかったとの声もあり、吉岡はむしろよく頑張ったと言われているほど。しかも前回の主演作『きみが心に棲みついた』(TBS系)では自慢のボディラインをやたらと見せる演出で女性視聴者から『あざとい』との批判を受けていましたが、今回はマジメなケースワーカー役とあって、艶っぽいシーンはせいぜい自転車で疾走しながら胸を揺らすか、序盤で見せた必然性ゼロのお風呂シーン程度。そのためか吉岡を巡っては演技力への批判が少しある程度で、これといった悪評は聞こえてこないのです」

 そんな毒にも薬にもならないようなドラマだったわけだが、だからこそ吉岡が得をした面もあるようだ。

「吉岡目当てで『健康で文化的~』を観ている視聴者は、いかにも職場で隣に座っていそうな役柄のためか、いつも以上に親近感を感じているようです。ネット上でも『今日も里帆タンかわいかった』『ずっと見ていたい』といった好意的な声が続出。作品としては大コケでしたが、マジメで可愛いところをアピールできたので、今後のCM出演などに大きく貢献したかもしれませんね」(前出・芸能記者)

 ともあれ、吉岡が可愛いことはよくわかるドラマだったことは確かなようであ~る!?

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策