芸能

吉岡里帆「健康で文化的な」が爆死も本人の評価はなぜか上昇中!?

 吉岡里帆の主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の第9話が9月11日に放送され、前回から0.9ポイント上昇の視聴率6.5%をマークした。しかし平均視聴率は5.7%に留まっており、あと1話で平均6%台に乗せるのはほぼ絶望的となっている。

「フジテレビの火曜21時枠で平均視聴率5%台となると、昨年10月期の『明日の約束』が5.7%に沈んで以来となります。『明日の約束』では井上真央がNHK大河『花燃ゆ』以来、ほぼ2年ぶりに主役を務めたものの、結果は惨敗。井上はそれ以降の連ドラ出演がなく、もはや過去の女優になりつつあります。そして今回の吉岡も主演ドラマが2作続けて大コケしたことで、女優としての格が大きく下がってしまったともっぱらの評判。井上と同様の結果になる恐れもあるでしょう」(テレビ誌ライター)

 その吉岡に対しては「視聴率を持っていない」との声も少なくない。ただ主演女優としての価値は下がったものの、女性タレントとしての価値は決して下がっていないとの評価もあるという。芸能記者が指摘する。

「今回の『健康で文化的~』に関しては、区役所の福祉課が舞台という地味さが災いしました。この設定では誰が主演でも視聴率は期待できなかったとの声もあり、吉岡はむしろよく頑張ったと言われているほど。しかも前回の主演作『きみが心に棲みついた』(TBS系)では自慢のボディラインをやたらと見せる演出で女性視聴者から『あざとい』との批判を受けていましたが、今回はマジメなケースワーカー役とあって、艶っぽいシーンはせいぜい自転車で疾走しながら胸を揺らすか、序盤で見せた必然性ゼロのお風呂シーン程度。そのためか吉岡を巡っては演技力への批判が少しある程度で、これといった悪評は聞こえてこないのです」

 そんな毒にも薬にもならないようなドラマだったわけだが、だからこそ吉岡が得をした面もあるようだ。

「吉岡目当てで『健康で文化的~』を観ている視聴者は、いかにも職場で隣に座っていそうな役柄のためか、いつも以上に親近感を感じているようです。ネット上でも『今日も里帆タンかわいかった』『ずっと見ていたい』といった好意的な声が続出。作品としては大コケでしたが、マジメで可愛いところをアピールできたので、今後のCM出演などに大きく貢献したかもしれませんね」(前出・芸能記者)

 ともあれ、吉岡が可愛いことはよくわかるドラマだったことは確かなようであ~る!?

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
2
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
3
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
4
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
5
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!