芸能

マギー、「ヒルナンデス!」卒業も世間の判断は“卒業”ではなく“解雇”

 イメージがイメージだけに世間の反応も妥当なところか!?

 マギーが4年間レギュラーを務めた情報番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)を、9月24日の放送をもって卒業した。マギーは2014年から月曜レギュラーを務めており、同日放送のエンディングでは、「毎週、4年も一緒に会ってたので、家族みたいなメンバーなんですけど、20代前半をここで過ごしたので、またここからパワーアップしてがんばりたい」と涙目でコメントしていた。

 また、マギーは同日夜にはインスタグラムでも改めて番組卒業を報告。〈感謝です。本当に温かいメンバーで、VTRみながらお喋りしたりロケでたくさん笑ったり。カメラが回ってないみんなとの時間に思い出がたくさんあります〉と振り返り、〈スタッフの皆さんもありがとうございました。またどこかで〉と綴っている。

 4年間も人気番組でレギュラーを務めたこともあって、マギーの投稿からは“やれることはやりきった”感が伝わってくる。

 しかし、今回の番組卒業に対して世間からは「不貞愛の代償だろうな」「実質、卒業じゃなくて解雇だよね」「今後はさらに仕事が減っていくだろうな」など、マギーの番組卒業は過去の不貞愛スキャンダルが原因と判断する声がほとんどだ。

「マギーは昨年1月に人気バンド『Hi-STANDARD』の横山健との不貞愛が報じられましたが、スキャンダルから1年半が経過するも、いまだに、インターネット検索でマギーの名前を入れると“不貞行為”というワードが関連するワードの一番上に上がってくる状況です。そんなわけで、世間がマギーと聞いて真っ先に思い浮かぶイメージは“不貞愛に走った女”というところ。タレントのイメージを特に重要視するお昼の番組では、これ以上マギーを続投させたところで、プラスの効果を持ってくることはないと判断したのでしょう」(エンタメ誌ライター)

 マギーは20日にインスタグラムを更新。3年ぶりに発売する新作写真を宣伝する投稿で、〈今の私を見てもらえたら嬉しいです〉とコメントしていたが、さすがに釈明や謝罪なしで許されるほど世の中は甘くはなかったということか。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?