スポーツ

告発文に協会が看過できぬ内容が!貴乃花親方「引退」で剥く“報復の牙”とは?

 もはや破れかぶれの自暴自棄か、それとも新章「貴の乱」の幕開けか。

 昨秋の日馬富士暴行事件より相撲協会との溝を深めていた貴乃花親方が突如、年寄を引退する旨を表明、事実上の廃業を宣言した。現在は平静を装うものの協会からの圧力に土俵外に押し出された平成の大横綱は、いよいよ報復の牙を剥くというのだ。

「引退は今朝、決めました」

9月25日、貴乃花親方(46)が急きょ開いた年寄り退職会見には、およそ300人のマスコミが大挙押し寄せた。すでに、相撲界との決別の意思を固め、憑き物が落ちたかのような面持ちの貴乃花親方は、報道陣からやつぎばやに繰り出される質問に、一問一問丁寧に応じた。スポーツ紙相撲記者が語る。

「2日前の秋場所千秋楽で横綱・白鵬(33)が歴代1位となる41回目の幕内優勝を全勝で決めたばかりだったとはいえ、集まったマスコミは前代未聞の親方退職で平成の大横綱・貴乃花が本当に相撲界から消えることになることが、にわかには信じられない雰囲気でした。報道陣からは質疑だけでなく、協会との話し合いに応じ、引退を撤回してほしいと貴乃花に嘆願する声が上がったほど」

 その意見に熱心に耳を傾けながらも、最後まで貴乃花親方が引退の決意を翻意することはなかった。

「会見では、『自分が育てた弟子がとにかくかわいい』『このままでは貴乃花部屋の力士は相撲を続けられない』など、みずからの処遇よりも弟子ファーストであることを繰り返し語っていた。それでも、今年3月に貴乃花が日馬富士(34)による貴ノ岩(28)への傷害事件に関して内閣府に提出した告発文について協会が“事実無根”としたことについては、貴乃花は断固として受け入れられない様子だった」(前出・記者)

 いったいなぜ、相撲協会は、こんな事態を招くほど、貴乃花潰しに躍起になったのか。背景には、ほかならぬ告発文の文言に看過できない内容が含まれていたというのだ。その全容も含め、貴乃花親方の引退決意の真相を10月2日発売の週刊アサヒ芸能10月11日号で詳報している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え