スポーツ

告発文に協会が看過できぬ内容が!貴乃花親方「引退」で剥く“報復の牙”とは?

 もはや破れかぶれの自暴自棄か、それとも新章「貴の乱」の幕開けか。

 昨秋の日馬富士暴行事件より相撲協会との溝を深めていた貴乃花親方が突如、年寄を引退する旨を表明、事実上の廃業を宣言した。現在は平静を装うものの協会からの圧力に土俵外に押し出された平成の大横綱は、いよいよ報復の牙を剥くというのだ。

「引退は今朝、決めました」

9月25日、貴乃花親方(46)が急きょ開いた年寄り退職会見には、およそ300人のマスコミが大挙押し寄せた。すでに、相撲界との決別の意思を固め、憑き物が落ちたかのような面持ちの貴乃花親方は、報道陣からやつぎばやに繰り出される質問に、一問一問丁寧に応じた。スポーツ紙相撲記者が語る。

「2日前の秋場所千秋楽で横綱・白鵬(33)が歴代1位となる41回目の幕内優勝を全勝で決めたばかりだったとはいえ、集まったマスコミは前代未聞の親方退職で平成の大横綱・貴乃花が本当に相撲界から消えることになることが、にわかには信じられない雰囲気でした。報道陣からは質疑だけでなく、協会との話し合いに応じ、引退を撤回してほしいと貴乃花に嘆願する声が上がったほど」

 その意見に熱心に耳を傾けながらも、最後まで貴乃花親方が引退の決意を翻意することはなかった。

「会見では、『自分が育てた弟子がとにかくかわいい』『このままでは貴乃花部屋の力士は相撲を続けられない』など、みずからの処遇よりも弟子ファーストであることを繰り返し語っていた。それでも、今年3月に貴乃花が日馬富士(34)による貴ノ岩(28)への傷害事件に関して内閣府に提出した告発文について協会が“事実無根”としたことについては、貴乃花は断固として受け入れられない様子だった」(前出・記者)

 いったいなぜ、相撲協会は、こんな事態を招くほど、貴乃花潰しに躍起になったのか。背景には、ほかならぬ告発文の文言に看過できない内容が含まれていたというのだ。その全容も含め、貴乃花親方の引退決意の真相を10月2日発売の週刊アサヒ芸能10月11日号で詳報している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!