スポーツ

貴乃花「八百長爆弾」で相撲協会と玉砕する(3)“反八角派”が担ぎ出した

 だが、あまりにも唐突な引退劇。師匠となってからは常々「本気で相撲道に向き合う力士しか育成したくない」と口にしていた貴乃花にとって、八百長力士こそ排除されるべきというのが強い信念だったはずだが‥‥。

「協会内部はなにも八角理事長一色というわけではない。確かに貴乃花は問題児ではあるが、故・北の湖理事長が後任に推した次期理事長候補。その角界の宝を排除の論理でいぶり出そうとする強引な手段にはやりすぎだと反対する親方もいる。そうした反八角派が貴乃花をそそのかし、『いざとなればこの八百長告発のカードを切るぞ』という姿勢を取らせて八角体制の転覆を狙っていたのは間違いありません」(ジャーナリスト)

 はたして、貴乃花は協会内部の権力闘争のいけにえになってしまったのか。

「いずれにしても、貴乃花が誰よりも、八百長という協会の暗部を嫌っていたのは間違いない。2010年の理事選で二所ノ関一門から割って出馬した『第一次貴の乱』で相撲界の改革を急進させようとしたのは、そのためです。現役時代、故・千代の富士が、芝田山広報部長(55)=元横綱・大乃国=に星回しを申し出たのは有名な話ですが、兄弟子の八百長を容認していた八角理事長としては、まさに急所を握られている気分なのでしょう。また、他の理事も現役時代に星を売っていた非本気力士ばかりおり、貴乃花の八百長爆弾がいつ爆発するか、ヒヤヒヤしているのです」(相撲部屋関係者)

 取組では、前袋に手を突っ込んでの金玉潰しは、白鵬のハリ差しどころではない一発アウトの禁じ手だが、すでに角界に背を向けた貴乃花に、そのルールは通用しないはずだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
2
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
3
女子アナ「仁義なき契約更改」(1)NHK・桑子真帆は「NHKの顔」に返り咲き
4
太川陽介は「バス旅Z」を観ていない!?衝撃発言の理由
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)