芸能

「HIKAKINに惨敗」ホリケンに「他のお笑い芸人に謝れ」の酷評まで!

 やはり人気YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン)はおもしろかった!10月8日の「しゃべくり007」(日本テレビ系)で生披露した動画収録の様子に視聴者が感心したという。

 ゲスト出演のヒカキンは20人の小学生審査員を前に、普段の動画収録をスタジオで再現。「ブンブンハロー・ユーチューブ」というお得意のデスボイスで動画をスタートし、激辛のウルトラデスソースを口にしてのリアクションや、パンチングボールでストレス解消する際の顔芸などで、小学生たちを爆笑のウズに巻き込んでいた。そんなスタジオを沈黙させたのが、ネプチューン・堀内健だったという。お笑い系のライターが指摘する。

「ヒカキンの対戦相手として登場したホリケンは、最初につかみとして子供たちにアンダーウエアを着けるようはやしたてるようなネタをアピール。この手の他愛もないネタは子供たちが大好きで、まあまあ笑いを取っていました。しかし動画収録シーンになると、自分の鼻の穴に入れた指を『尺取り虫!』と言いながらそのまま机や髪の毛に這わせ、子供たちがドン引き。さらに一口メモとして『フラミンゴっていうのはね、片脚なんだけども』と口にするも、すぐさま子供たちから『知ってます!脚が冷たいから』と正解をバラされてしまう始末です。最後は机にヒジ打ちするボケをかますも、痛がる様子にまたもや子供たちがドン引きするという有様で、ヒカキンの足元にもおよばない結果をさらしていました」

 そんな堀内に子供たちは「鼻に入れた指で触ってて気持ち悪かった」「単純におもしろくなかった」と超辛口。さんざんな出来だったが、子供はもちろん大人の視聴者たちも今回の失態にはアキレ果てていたようだ。

「視聴者からは『ホリケン痛すぎ』『他のお笑い芸人に謝れ!』といった酷評が寄せられていました。そのホリケンは以前から突拍子もない発言や行動が持ち味で、8月16日放送の『ひるキュン!』(TOKYO MX)ではMCの田中みな実を逆さに持ち上げたり、スタジオ隅の段ボールに突き飛ばすなどやりたい放題。しかし視聴者にはまったく受けず、すっかりスベっていたのです。かつてはこういった無茶ぶりで笑いを取っていたホリケンですが、48歳の今も同じ芸風を続けるのはさすがに無理があります。この調子ではお笑いの第一線からご退場いただくことになるかもしれません」(前出・お笑い系ライター)

 同じ「しゃべくり007」で43歳の徳井義実は、巧みに小学生の笑いを誘っていた。どうやら子供に受けるかどうかは年齢の問題ではないのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
やはり新垣結衣は175センチ?満員電車のシーンで身長がバレた!
2
NHK紅白、「ハラスメント部長停職処分」であの国民的女優が“司会白紙”へ!?
3
高橋一生の新ドラマ、話が退屈過ぎて「見どころはアノ芸人の演技だけ」の声
4
有働由美子「news zero」の“バラエティ化”に視聴者の「失望の声」続々!
5
「坂道」両エースは強気!? 乃木坂46齋藤飛鳥、主演映画の監督に“容赦なき発言”